FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年10月14日

ユネスコ分担金の停止・削減検討は単なる入口 ~ 対支ODAを止めよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ユネスコが、支那が申請した「南京大虐殺」に関する資料を登録したことを受け、日本政府が断固とした対応を取る姿勢を見せた。菅官房長官が、昨日の記者会見において、ユネスコへの分担金を停止または削減することを示唆した。

世界記憶遺産:菅官房長官、ユネスコ分担金停止も 「南京大虐殺」登録受け (毎日)

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺」に関する資料を登録したことと関連し、日本がユネスコに拠出する分担金の停止・削減を「検討する」と述べた。

菅官房長官


 菅氏は「(日中両政府の)意見が全く違う中で登録され、公正であるべき国際機関として問題だ。政治的に利用されることがないよう、制度の透明性を強く求めたい」と述べ、ユネスコに運営の見直しを求める考えを示した。南京事件に関しては「非戦闘員の殺害、略奪行為があったことは否定できないが(犠牲者)数の断定は困難との立場だ」と語った。【高本耕太】


 正確に言えば、分担金停止または削減を「検討」する段階であるから、まだ決まったわけではない。今までの日本の外交は、優等生然とし、何らかの不利益があっても交渉を前提とし、強い対抗措置を取らない、いわゆる「事なかれ主義」を貫いて来た感がある。今回の政府の見解が「ブラフ」である可能性は否定できないが、ユネスコにはこのメッセージが確実に伝わるはずだ。

 支那の外務当局は、「公然と(ユネスコを)脅迫する言動で、驚きを禁じ得ない」「拠出金を削減することはできても、歴史の汚点をぬぐい去ることはできない」と居丈高な態度を示すが、日本政府の意図は明確に把握しているだろう。今までの日本政府は、名誉を傷つけられても過度の抵抗は見せず、偽りの友好を重んじる態度で応えてきた。現政権は、それほど簡単な相手ではないということだ。

 しかし、そのように、今までの政府とは一線を画した態度を取る現政権でさえ、いまだに継続しているのが、支那に対する税金の垂れ流し ―― ODAである。産経新聞が今年の5月に記事にしているが、支那に対するODAは、1980年に始まり、以来、2011年度まで、日本は円借款3兆3164億円、無償資金協力1566億円、技術協力1772億円を支那に供与している。円借款と一般無償資金協力は新規供与を既に終了しているが、無償資金協力(返済義務を課さないで資援助)と技術援助についてはいまだに継続されている。24年版ODA白書では、300億円もの血税が、支那に提供されていることになるそうだ。この無償資金協力と技術援助で日本が回収できる金額はゼロ。

 無償援助協力と技術協力を決めた際、外務省は「将来の中国を担う幹部候補生を『親日派』に育成する意義は大きい」という見解を示したというが、尖閣を脅かす勢力を「やれ!やれ!」と煽り、協定を反故にしてガス田を勝手に採掘し、反日デモで日本企業へ損害を与えたり、日本車をひっくり返して踏みつけたりする光景を見れば、この見解は誰が見ても「お人好し」過ぎる。お人好しならまだ良いが、極めて現実がわかった上で金を横流ししていたなら、極めて悪質で、罪深い。

 ユネスコ分担金の停止・削減検討は、国際社会へのアピールとしては理解できる。しかし、外務省主導の対支那外交は、傍目から見れば、戦略なき迎合にしか見えない。対支外交の見直しは急務だ。支那が経済の破綻に怯える今、安倍政権がこの二国間外交の主導権を握るチャンスである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/14 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(32)
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ