FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年10月12日
月別アーカイブ  [ 2015年10月 ] 

ブレイブ・ブロッサムズ 斯ク戦ヘリ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本代表ラグビーチーム「ブレイブ・ブロッサムズ」が、3勝1敗の勝ち点12でラグビーワールドカップの戦いを終えた。初のベストエイトが期待されたが、勝ち点差でそれも叶わず、英国の地を去ることになる。開催国イングランドが敗退したA組が死のグループと思ったが、日本が3勝して決勝トーナメントに進めないことを見れば、本当の死のグループこのB組だったかもしれない。しかし、それでもなお、彼等が今大会で日本国内のみならず、世界に与えたインパクトは計り知れない。

 長くラグビーウォッチャーであった立場から見れば、現下のラグビーブームは俄かに信じられない。正直なところ、日本代表のユニフォームが売り切れるなど、想像していなかった。日本代表のユニフォームが売れると言えば、日本に限ったことではないらしい。今大会が開催されている英国でも、同様の現象があったという。日本ではラグビーブームが起き、英国ではブレイブ・ブロッサムズが認知され、人気を博した。2019年のワールドカップの誘致に成功しても、国内ではそれほど話題にはならなかったことを考えても、ひとえに、このチームの健闘によるものだろう。

ブレイブ・ブロッサムズ


 南アフリカは、世界最強といわれるニュージーランド・オールブラックスに昨年唯一の黒星をつけたチームである。今季はいまひとつ調子が出ないと言われたが、ラグビー通であれば、南アにとって日本は簡単な相手だという見方が一般的だ。しかし、ブレイブ・ブロッサムズはこの強豪に喰らいつき、ラストプレーで試合をひっくり返した。FOXスポーツのアナウンサーが、ノーサイドのホイッスルの直後、"It's a Rugby Miracle"と叫んだことでもわかるとおり、誰も日本の勝利を想定できていなかったのだ。ちなみに、南アの予選プールでの総失点は56点。そのうち34点が日本戦で失ったものだ。

 英国の放送局ITVにコメンテーターとして呼ばれていたフランソワ・ピナールは、映画「インヴィクタス」でマット・デイモンが演じた南アの英雄(1995年大会で優勝した同国チーム主将)だが、彼は試合前、「全く心配ない」と豪語していた。彼に罪はない。それは誰もが想定した結果だったのだから。

ブレイブ・ブロッサムズ


 日本のネットには、日本生まれの日本人以外の選手が多く選出されたこのチームに、「外人雇ってでも勝ちたいのか」、「日本人のチームには見えず、感情移入できない」などという、否定的な意見も多かったようだ。しかし、このチームは国際ルールに従って結成されているわけで、批判は当たらない。何より、その日本生まれではない選手たちは、ある意味、我々以上に日本人であるのだ。

 サモア戦で抜群の存在感を見せたホラニ龍コリニアシは、風貌はポリネシア系だが、れっきとした日本人。もともとはトンガの留学生だが、トンガでラグビーをプレーした経験はない。もともと吹奏楽部に所属し、トロンボーンを吹いていたという。だから彼は、「僕はメード・イン・ジャパンのラグビー選手」と言う。左腕に彫られたタトゥーは「大和魂」。日本国籍取得時に入れたものだ。どうみてもガイジンにしか見えないルーク・トンプソンは、米国戦後のインタビューで「信じられへん」と語っていたように、喋る言語は関西弁だ。

 間違いなくチームの主柱であるリーチ・マイケルも、もともとは留学生。南ア戦のラストプレーでボールを持って敵ラインに3回突っ込み、最後は立ちあがることもできず、片膝をついて、逆サイドのトライを見届けた。当然ながら、この場面をTVでは映していない。献身的なプレーが光る日本人である。

君が代の意味まで理解し、誰よりも“日本人” NZ出身のラグビー日本代表リーチ主将 (産経)

 現在の日本代表も複数の海外出身選手がいる。主将のリーチ・マイケル(東芝)もニュージーランド(NZ)のクライストチャーチ出身だ。来日して10年。現在は国籍も取得しているが、そのマインドはもはや日本人以上かもしれない。

 「試合の前の合宿中には、必ず全員で君が代の練習をします」。ほかの外国出身選手はもちろん、日本人選手にも歌詞の教えることもあるという。「君が代の中身を自分たちにつなげて、歌詞を理解して歌わないとダメだと思います」と話す。


 ラグビー日本代表は、国籍を問わず、試合前の国歌斉唱で君が代を歌いあげる。サッカーの代表選手に見習わせたいくらい、見事な光景だ。このリーチのような選手がいてこそ、為せることなのだろう。国籍主義もよいが、君が代を歌い、日の丸を背負って戦う選手は我々の分身なのだ。

ブレイブ・ブロッサムズ


 今回のワールドカップで、日本ラグビーは一躍、世界にその名を轟かせた。サモア戦等を見ても、試合会場は日本の応援が圧倒していた。Youtubeを探せば、日本の勝利に歓喜する外国人の動画が検索で数多くヒットする。彼等の為したことは、まさに、日本の外交官が束になっても為すことができない「日本ここに在り」という存在感、日本への称賛、親日感の増大だ。

ブレイブ・ブロッサムズ


 彼等ははっきりと、世界に爪痕を残した。歴史を作った彼等を、心から誇りに思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/12 09:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ