FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年10月11日
月別アーカイブ  [ 2015年10月 ] 

外務省という病巣、北岡伸一という国賊

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那が申請した、いわゆる南京大虐殺関連資料の世界記憶遺産登録が意味するものは、日本の外交敗北である。少なくとも、中共は昨年、この申請を公言していたのだから、当局は阻止できなかった結果責任を受け入れるべきだ。このようなプロパガンダ的な事柄を利用してユネスコを政治利用しようとしている支那・中共は真っ先に非難されるべきだが、一方で、日本の敵は国内に在りという事実を強く思い知らされた事案がある。安倍談話の根拠となった、21世紀構想懇談会(21世紀懇)が提出した報告書を巡る内幕だ。

 コメント欄に促され、月刊正論の「「安倍談話懇談会」驚愕の内幕と歴史問題のこれから」を読んだ。この21世紀懇の委員であった中西輝政先生が、懇談会における議論の経緯とその内幕を暴露したものだが、まさに目を背けたくなるような現実が語られている。

 もともと談話を発出すべきではないという持論の持ち主だった中西先生が、この懇談会の委員になったのは、安倍官邸の強い意向によるものだったという。いわゆる「官邸枠」だが、16人いた委員のなかで、この官邸枠は、中西先生を含めてたった2人。他の14人はすべて「外務省枠」であり、この14人は全員「侵略戦争論者」だった。この「14対2」の対立が、「侵略」という文言を巡って、最後まで続いた。

 この顔触れを見て、中西先生は辞表を準備したが、西岡座長(日本郵政社長)と北岡伸一(国際大学学長)が、「この懇談会は総理に談話でどんな文言を用いるかを進言するような場所ではない」と慰留。中西先生は、「報告書に「侵略」という文言や歴史観は入らない」という意味に解釈し、辞任を翻意したが、その直後に北岡が、公開の場で、「安倍さんに「日本は侵略した」とい言って欲しい」と発言。この発言は物議を醸すことになったが、非公開で行われた懇談会の座長代行のポジションにある人物の発言としては、言語道断である。

北岡伸一
北岡伸一


 懇談会の議事は、あらかじめ決まったテーマに沿って、毎回、1人ないし2人の委員または外部の専門家が、持論を発表し、中西先生のような委員の発言時間は1人1分しかなかったという。委員でもないのに、外務省や北岡に近い考えの人物が、入れ替わり立ち替わり報告者として呼ばれ、延々と持論を展開し、彼等の発表はほぼすべて報告書に盛り込まれた。しかも、議事録は巧妙に編集され、中西先生が満州事変の侵略性を肯定しているような文章になっていたという。

 21世紀懇では、主題と全く関係のない「靖國分祀論」や「慰安婦への更なる謝罪と賠償のための基金設立」まで提案されたというから驚きだ。侵略の定義に関しても、「侵略か、侵略でないか」という両論併記は最初から拒絶され、中西先生は脚注をつけるというギリギリの譲歩を飲ませた。中西先生が心血を注いで書いた文章は、報告書の3ページにあるこの部分であろうと思う。

複数の委員より、「侵略」と言う言葉を使用することに異議がある旨表明があった。理由は、1)国際法上「侵略」の定義が定まっていないこと、2)歴史的に考察しても、満州事変以後を「侵略」と断定する事に異論があること、3)他国が同様の行為を実施していた中、日本の行為だけを「侵略」と断定することに抵抗があるからである。


 中西先生は、この懇談会の核心に「北岡問題」があると言い切る。対談相手の伊藤隆氏は、政府関係の様々な審議会の委員を北岡が務める背景に、外務省の意向があると述べている。2010年に報告書が出た日中歴史共同研究で、北岡は日本側の座長を務めた。共同研究では、「戦後の中国の歴史を一切取り上げない」と決定している。伊藤氏は、この共同研究も、21世紀懇の議事進行も報告書も、その背後に北岡の支那への配慮があるという。

 この伊藤、中西対談の中身は、内容が濃すぎてとても書ききれない。産経新聞社の著作権もあるから、安易にコピペはできない。ただ、この対談を読んで、私のオツムのなかに、日本外務省の腐り切った体質と、北岡伸一という外務省御用達の学者の国賊としての本性が明確になった。

 日本の病巣を認識するために、この対談をお読みになることをお勧めしたい。

正論2015年11月号
正論2015年11月号



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/11 09:55 ] 政治 | TB(1) | CM(25)
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ