FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年10月

日韓首脳会談 ~ 昼食会も共同会見もないのは、安倍総理が朴の要求をことごとく突っぱねた証し

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ノーベル平和賞に対抗して支那の大学教授らが創設した「孔子平和賞」だが、今年の受賞者であるジンバブエのムガベ大統領が、受賞を辞退したという。孔子平和賞は2010年のノーベル平和賞が支那の民主活動家である劉暁波氏に決まったことに対抗して創設されたもので、政治色以外の色は見えない。

 この賞は今年で第6回目になるが、第1回の連戦(台湾)が受賞を辞退、第2回目のプーチン(ロシア)も授賞式を欠席、第5回目のフィデル・カストロ(キューバ)も授賞式をサボるなど、散々な有様だ。皆、受け取る意思がないのだ。そもそも、先の大戦以降、平和を破壊してきた最たる国が、平和賞なるものを設定すること自体が本末転倒なのである。そういえば、今年の最終候補には村山富市の名前があがっていたが、本人曰く、「なんで俺なのか、戸惑ったよ」。

 そんな“常識はずれの国”支那を交え、今度の日曜日から、ソウルで日中韓首脳会談なるものが行われる。三カ国の会談、バイの会談など、さまざまな憶測を呼んでいるイベントだ。報道各社は、「歴史を直視するという精神の下、未来志向で協力的なパートナーシップを強化していく方針を盛り込む方向」(NHK)と方向性を示唆するが、歴史の直視ということばが出てくることから、「中韓タッグで日本をやり込めよう」という二国の思惑が透けて見える。支那、南鮮にとって、対日関係に無条件の未来志向というものはない。その前提には必ず「日本の侵略・植民地支配」という「加害国、日本」がなければならず、対日強硬姿勢こそが自国民の支持の基盤となるメカニズムがある以上、「日本からの譲歩を勝ち取ること」こそが外交成果なのだ。

abe-li-park.jpg
NHKの日中韓首脳の並べ方(支那を真ん中に置く既定路線w)


 さて、首脳会談が行われないこと自体を悪と決め付け、3年数ヶ月ぶりとメディアが騒ぐ日韓首脳会談だが、会談を控える今のタイミングで、安倍総理と朴槿恵の昼食会は開かれず、共同記者会見も「現段階では考えていない」という見解が示された。とんだ議長国だ。一方、見方を少し変えてみれば、南鮮の要求を安倍総理側が突っぱねたため、共同会見で発表すべき成果がほとんど見込めないということだろう。

 朝鮮日報によれば、2005年の小泉・盧武鉉会談では、30分の会談時間のほとんどが歴史問題に費やされ、2011年の野田・李会談でも、李は発言のほとんどを慰安婦問題に費やし、1時間ほどの会談は終始緊張した雰囲気の中で進められたという。そもそも「解決済み」の問題をほじくり返しされたところで、日本側はおうむ返しのように「解決済み」と返すしかない。会談に成果など望むべくもないのだ。

 南鮮の東亜日報は、「韓日首脳、食事をすることも難しいのか」という笑ってしまうような社説を掲載した。その中で東亜日報は、「韓国は主催国として、安倍首相が中国の李克強首相に比べて冷遇されていると感じないよう礼遇する必要がある。昼食や晩餐を共にして両首脳が歓談を交わす姿だけでも、両国の冷めたムードが改善される」と書いた。私は、仮に安倍総理と朴槿恵が談笑しながら昼食をとる姿を見たところで、外交儀礼以上のなにも感じないと思うが、自国の保守メディアに「食事も難しいのか」と書かれる朴の狭量さが浮き出た格好だ。

 北朝鮮問題はもちろん議論せねばならぬが、三カ国の間でもっともホットなトピックは、人工島の開発に待ったをかけた米国と支那に発した緊張だろう。安倍総理は、昨年のシャングリラ対話において、「すべての国が国際法を遵守しなければならない」とした上で、「日本は、ASEAN各国の海や空の安全を保ち、航行の自由、飛行の自由をよく保全しようとする努力に対し、支援を惜しまない」と述べた。この演説から1年と5ヶ月が経過したいま、米国がその具体的行動を示した。この平和に対する脅威に、青瓦台がどのような見解を示すのかが注目である。朴が民主主義陣営の根本原理に則った見解を示せなければ、南鮮は侵略を肯定する事大主義国家に先祖がえりだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/10/30 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ