FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年09月11日

民主主義を叫びながら、それを否定する2人 ~ TV番組で論破されたSEALDsの頭と、ナチス・独裁を安売りする枝野幸男

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会前の平和安保法制反対デモの首謀者は「民主主義を守れ」と絶叫していたはずなのだが、その首謀者自身が民主主義を全く理解していないという、お粗末な事案が話題になっている。

 その首謀者とは、SEALDsの奥田愛基。フジテレビ「みんなのニュース」に出演し、持論を繰り広げたが奥田某だが、その拙劣な持論はほぼすべて論破されてしまったようだ。




 見事な斬られっぷりである。一番目に掲載したツイートの奥田発言を正確に書くと、「安倍さん個人の意思とかやりたいっていう気持ちのために、国民全員が何故付き合わなければならないのか」というものだった。それにかぶせるようなかたちで、田崎氏が「それは選挙で選ばれたからですよ」と、音速でぶった斬ったわけだ。奥田某はそれとは別に、2割の得票率で7割の議席数を取っている政治状況がおかしいと語っていたが、それは政策以前に選挙制度の問題であるから、選挙制度を変えろという主張をすべきなのだが、SEALDsの主張のなかに、そういったものは見受けられない。現行の選挙制度で選択された政権が、以前から主張していた政策を実行するのがおかしいというなら、奥田某は民主主義というものをもう一度勉強し直した方が良い。

 こういう拙劣な、勢いだけの若者が道を外すのは、若気の至りという言い訳もできそうだが、いい歳をして民主主義を理解できないバッジ保有者もいる。

民主・枝野氏 「ナチスと同じ立憲主義の破壊だ」と安倍政権批判 (産経)

 民主党の枝野幸男幹事長は9日の記者会見で、政府・与党が安全保障関連法案を16日に採決する方針を示したことについて、戦前ドイツのナチス政権の例を持ち出して厳しく批判した。

 枝野氏は「ナチスの場合は民主的な手法で権力を掌握した後、立憲主義を破壊する全権委任法を成立させて暴走、独裁を始めた」とした上で、「この法案を成立させようというプロセスを考えると、まさに立憲主義の破壊だ。ある学者が言っていたが、憲法秩序を破壊する一種のクーデターだ。これと断固戦うことは、国会の議席を得ている者として歴史への責任だ」と強調した。

枝野幸男


 また、麻生太郎副総理が平成25年7月の講演で、憲法改正に関連してナチス政権を引き合いに「手口を学べばどうか」と発言したことを例に挙げ、「(安倍政権は)まさにそういう状況に入ってきている」とも指摘した。


 枝野は9日、「戦争法案廃案・安倍政権退陣9.9日比谷大集会」なる集まりで挨拶に立ち、「これは主権者と独裁を始めようとする人の戦いだ」と語っている。論理的には至極単純である。GHQが設定した対立軸、即ち「戦前の軍部指導者対一般国民」や、「戦前の日本対戦後の民主国家日本」の手法と同様に、安倍晋三総理を民主主義を愚弄する輩として徹底的に悪魔化し、他の善良なる国民との対立軸に置こうという算段である。

 ナチスに例えるのは、枝野のボキャブラリー不足と言うしかないのだが、ユダヤ人を計画的に大量虐殺したナチスと、善良なる日本国民に選ばれた安倍政権を同列に置くとは、安倍総理のみならず、安倍政権を選択した国民への愚弄であり、ヘイトスピーチである。国民は怒るべきだろう。

 そもそも、日本の政治システムの中で、独裁などという政治運営が可能であろうはずがない。ナチスだの独裁だの、国民を煽るためだけの刺激的なキーワードは、民主党および枝野幸男の思考停止を如実に語るものでしかない。枝野は、ナチス、独裁を安売りすることを止めて、政治家としてもう少しボキャブラリーを増やしたらどうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/09/11 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ