FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年08月29日

新華社の天皇謝罪要求 ~ 中共は日本人のナショナリズムに火を付けたいのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那国営のメディアである新華社通信が、「昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」とした上で、行為を継承した今上陛下が謝罪すべきとの論説をぶち上げた。

中国 新華社通信 天皇陛下に謝罪求める記事 (NHK)

中国国営の新華社通信は、このほど、「昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」と主張し、皇位を継承した天皇陛下が謝罪すべきとする記事を配信しました。
この記事は、新華社通信が「抗日戦争に関するいくつかの難題についての解釈」という解説シリーズの1つとして、今月25日に配信しました。
記事では「日本が発動した侵略戦争は、軍国主義を育てて支えた天皇、政府、軍、財閥などが力を合わせた結果であり、彼らは責任を逃れられない」としています。
そのうえで、「日本の天皇の権力は明治維新から第2次世界大戦までの間に頂点に達した。昭和天皇が侵略戦争の張本人だった」と主張しています。
さらに、「昭和天皇は死去するまで、被害国とその国民に謝罪の意を示したことがなく、皇位継承者が謝罪で氷をとかし、ざんげで信頼を手に入れるべきだ」としています。
中国の国営メディアが先の戦争について天皇陛下が謝罪すべきだと論じるのは珍しいことです。

shinkasha-tenno-shazai.jpg


岸田外相「中国側に強く抗議」
岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、「中国国内の報道とはいえ、天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場と相いれないものだ。外交ルートを通じて中国側に強く抗議した」と述べました。


 産経新聞は、「国内外の反応を探る観測気球だった可能性がある」と書いているが、もし観測気球だったとしたら、そのセンスのなに呆れる。日本国民の皇室に対する心情は、李明博の「天皇謝罪要求事件」で証明済みである。あの発言以来、日本と南鮮の間の感情的対立は決定的となり、埋めがたい溝ができ、嫌韓ブームに火を付けた。我が国の皇室に対する敬意を表す外国人が居れば、日本国民はその国や人物に親しみを持つ。一方、皇室を侮辱するような発言は、日本人のナショナリズムが着火する。これは、条件反射と言ってもいい。

 支那はいままで、天皇陛下に対する批判には極めて慎重だった。日本人にとっての天皇、日本人にとっての皇室というものを、彼等は永遠に理解できないだろう。理解できないから、皇室批判をタブーとしてきた部分もあると思われる。その思考性は朝鮮人とはまったく次元が異なるのだが、日本人の嫌中感情を抑えるためには、皇室批判のタブー化は必要な対応だった。ところが、中共は国営メディアにそれを解禁したのだ。

 上海市場の暴落、天津の大爆発、世界陸上のセグウエイ事件(笑)と、支那には内憂要因が溢れている。内憂がある時には敵を外に作り、人民の注目を国外に向けるというのは、支那や朝鮮の常套手段だ。今回の唐突な「天皇謝罪要求」には、そのような背景があったのではないか。

 産経は、朴槿恵の抗日勝利70年記念式典における軍事パレード出席などをめぐる中韓の外交折衝の中で、韓国が“対日共闘”を呼びかけ、中国が応じたのではないかとの憶測が北京の関係者の間で飛び交っている、と伝えている。よりにもよって、南鮮から出た国連事務総長が、このプロパガンダ式典に出席するというのだから、南鮮の支那への擦り寄りは尋常ではない。潘基文は南鮮の次期大統領の座を狙っているとの噂があり、今回の式典出席は、国連事務総長の中立性を、南鮮国民に媚びるという私欲が退けたという見方もできる。いずれにせよ、反日が商売になる国の話は理解しようにも限界がある。

 かつて英国の植民地だったインドやアフリカ諸国が、エリザベス女王に土下座を求めたなら、英国は戦争の挑発と受け取るだろう。それほど非常識な話なのだ。ひと言でいえば、中共は追い詰められているということである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/29 07:52 ] 外交 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ