FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年08月25日
月別アーカイブ  [ 2015年08月 ] 

天津大爆発事件と安倍総理暗殺計画

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が、9月3日前後に噂されていた支那訪問を取りやめた。新聞報道等では、欧米諸国に歩調を合わせたという解説があり、更に昨日の会見で、菅官房長官が「国会の状況を踏まえた」「(首相は)抗日でないものを望んでいた」と語っている。いずれも、尤もな理由である。ただ、それだけではないようだ。

 実は、支那国内で安倍総理への「中国国内暗殺情報」があったという。以下は、作家・ジャーナリストの山村明義氏のFBからの引用だ。

(前略)首相官邸は中国政府に対し、「安倍総理は軍事パレードには参加せず、記念式典には参加する予定だ」と非公式の外交ルートで伝えていた。
 ところがその後、中国天津市で大爆発が起こり、習近平派と江沢民派の泥沼の政治闘争が行われていることが発覚。驚くべきことに、9月3日には「安倍総理への暗殺テロ」の情報もあったという。中国国内の権力闘争は、この8月の中国共産党・北戴河会議の異例の途中中止が通告され、習近平派・江沢民派の戦いに旧胡錦濤派も加わった「血みどろの戦争」が露呈していた。
 だからこそ、本日の東証株価は1万9千円割れをしているわけだが、本当に日本にとって懸念されるのは、江沢民派や旧胡錦濤派の反撃としての「反日テロ」であり、9月に安倍総理が中国に行けば、何が起きるかわからない状況が予測されていたことなのである。
 私や私の周辺も、この安倍総理への「中国国内暗殺情報」を早い段階で入手し、官邸側の一部にその危険性を告げていた。安倍総理の訪中を止めたのは、外務省の斎木昭隆事務次官だが、この訪中見送りは、日本の国家にとって「慶事」かつ「英断」だと考えて良い。歴史的に中国の権力闘争の不穏化は、最終的に日本への「反日テロ」に向かうのが必然だからである。(引用元


 最近、ネットでは、江沢民逮捕時の画像というのが出回っており、「本物だ」、「いやガセだ」と物議を醸しているが、まんざらそのような事案が非現実的だと言えるような状況ではないらしい。支那の歴史は、血で血を洗う権力闘争の歴史である。そういうDNAを持って生まれた民族にとって、自分が生き残るため、また、自分を正統化するために他を貶めることは、正当化されるのだ。

江沢民逮捕(?)


 支那の景気減速懸念を背景とする世界連鎖安の流れに歯止めがかからず、NYダウは昨日もパニック売りが殺到し、先週末は1000ドル以上も下げ、週明けも588ドル下げた。この傾向は、支那メディアの金融界に言わせれば、「株価急落は中国が悪いわけではない」、「米国で迫る利上げが原因だ」と言っている。支那はメンツの国であり、自らの弱みを晒さない。政治であれ経済であれ、都合の悪いことが起これば、国外に敵を作り、その敵を批判することによって人民の視線をそらすというのが常套手段だ。日本がその批判対象とされるケースは今まで何度もあったが、反日無罪が彼等のストレス発散を正当化する。

 安倍総理は、習近平との会談を持ち、戦略的互恵関係の基本理念のもと、両国間に横たわる諸問題の解決や事態の鎮静化に意欲を示している。だが、そのアクションは、支那の政治情勢をもう少しのあいだ静観してからのほうがよさそうだ。仮に日本の首相暗殺という事態が起これば、日本国民の支那への感情は爆発する。

 今日の毎日新聞は、一面に「世界同時株安:アベノミクス、狂い始めた楽観論」という記事を持ってきた。安倍政権批判のためなら支那の景気失速をも利用するという、節操のなさ。朝日のみならず、毎日の購読者もこんな新聞に金を払うことを止めた方が良い。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/25 09:18 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ