FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年08月24日

安倍総理に「バカか、お前は」 ~ SEALDsの民主主義とヘイトスピーチ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私はかねてより、在特会の「在日特権を許さない」という主張には概ね賛同する一方で、彼等の表現や主張にかかわる表現および手法については、必ずしも賛同しないという趣旨のことを書いて来た。要はことばの問題である。例はよろしくないが、街宣右翼の表現力を考えてみよう。彼等の主張には一部の理はあるものの、あの行動様式に触れた一般民間人の感覚に残る最大のものは「嫌悪感」だろう。

 主張というものは、発するだけではだめ。その主張にひとりでも多くの賛同者を集めることによって、世論というものが形成されるのだと思う。その点で言えば、在特会の主張は、ことば、表現力の点で、理解者を逃がしていると思う。

 そんな見方にぴったりな存在が、平和安保法案に反対するSEALDsだろう。SEALDsの中核メンバーである奥田愛基が23日、連合が主催した国会前の反安保関連法案集会に参加し、安倍晋三首相について「バカか、お前は」などと訴え、退陣を迫ったという。奥田は、「首相は早く病院に行って辞めた方がいい」「どうでもいいなら総理をやめろ」「ふざけんな」などという罵詈雑言を発し、主催者である連合もSEALDs賛同者も大盛り上がりだったらしい。

SEALDs


 こういうことばが出てくるというのは、発言者の品性の低さもさることながら、このデモを主導している者たちが、既に自己陶酔の領域に足を踏み入れていることを示唆しているように思える。ある種の政治行動の中で、特定の人物をバカ呼ばわりして否定するのは、ことばの暴力だ。彼等は安保法制が民主主義に反していると言う。だが、その政治上の動きを暴走と呼び、その主導者である首相をファシズム、独裁者などと呼ぶのは、それこそ暴力ではないのか。

 福田恒存はこう書いている。

暴力

 一体、暴力とは何か。それは力とどう違ふのか。偽善の皮をかぶらず、しかも禁忌に触れることなく、それらの問ひにうまい言ひぬけを考へて見るがよい。右と左とを問はず暴力は悪であるなどと、そんな懐手のふざけた答へで、暴力が否定できるなら世話はない。が、良識派は必ずさう言ふ。しかも民主主義を楯にしてさう答へるのである。それに対して左翼は同じく民主主義を楯にして、暴力に左右の別を立てる。すなはち左の暴力は大衆行動であって、大衆行動は暴力ではなく民主主義的政治行動であり、それを挑発し弾圧する力こそ暴力であるといふことになる。良識派はこれにどう答へるつもりか。民主主義といふ言葉一つでそれが押へられると思ってゐるとしたら、とんでもない間違ひだ。

福田恒存「民主主義を疑ふ・V・四五二」


 福田は、同じ「民主主義を疑ふ」のなかで、こうも書いている。

 民主主義の名の下に暴力を犯し、あるいは暴力を犯してそれを肯定するために民主主義を口実にする。 さうかと思ふと、暴力は民主主義ではない、それに反するものだと言ひ、民主主義をもつてそれを説伏しようとする。民主主義とはそれほど便利なものか。


 SEALDsによれば、彼等の活動の根本原理には民主主義があるという。だが、彼等の民主主義の前提には、ことばの暴力、即ちヘイトスピーチすらも容認されるという、自己都合がある。

 「左の暴力は大衆行動であって、大衆行動は暴力ではなく民主主義的政治行動であり、それを挑発し弾圧する力こそ暴力であるといふことになる」とはまさに言い得て妙。左の民主主義とは、抵抗する敵方が権力であり、権力に抗うためなら自分等の逸脱が許されるという、自分の陣営に都合のよいものなのだ。

 こんなことばを発し続けていけば、SEALDsの政治活動もゆくゆく縮小して行くだろう。それはそれで、彼等が自分等で決めた運営を、単に辿るだけのことなのかもしれないが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/08/24 11:49 ] 社会問題 | TB(0) | CM(29)
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ