FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年07月19日

「安倍政権 対 国民」という対立軸を企てる民主党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党という愚劣な集団については昨日書いた通りだが、安倍政権批判のためなら手段を選ばずという基本方針が良く表れた発言が、党執行部から出ている。

民主党、廃案訴え全国街頭活動 枝野氏「ヒトラーは選挙で権力握り、独裁に走った」 (産経)

 民主党は18日、安全保障関連法案の廃案を目指し、全国で一斉に街頭活動を始めた。岡田克也代表、枝野幸男幹事長ら党幹部は20日までの3連休を利用して、都市部を中心に全国各地で街頭演説を行う。同党は安倍晋三政権に対する世論の反発が急速に広がっているとみており、国会外での活動を強化する考えだ。

 枝野氏は18日、さいたま市のJR大宮駅前で演説し「国民の声が大きくなったら、国会で多数を持っていても抗(あらが)えない。国民世論と首相との戦いだ。内閣を退陣に追い込み安保法制をストップさせる」と訴えた。

 また、政府が憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認したことを繰り返し批判し、ナチスドイツの例をあげて「ヒトラーは選挙に勝って権力を握り、進歩的なワイマール憲法を骨抜きにして独裁へ走った」と指摘した。戦前の日本については「内閣のいうことを無視して軍は勝手にやっていいという(明治憲法の)解釈変更がなされた結果、軍部が暴走した。まさに今と似ている」と述べた。


 私はたまにさいたま市の大宮駅から大宮の氷川神社に歩くのだけれど、途中、何枚もの枝野幸男のポスターに出くわす。大宮は枝野の地元なのだが、兎に角それらのポスターを片っ端から剥がしたい欲求にかられるものだ。どこぞのサヨクのように、安倍総理のポスターに落書きするような低俗な行動は慎むけれども、あの道を歩くのは苦痛なのだ。

edano-chin-tsujimoto.jpg


 まぁ、個人的な話は別として、前述の報道にある枝野の発言のポイントは二つある。ひとつは、安倍政権をヒトラーのナチスになぞらえていること。これは、言うまでもなく、南朝鮮のプロパガンダ的反日と同じ手法だ。ナチスという国際的な悪玉をなぞらえるという無理筋を、枝野は政権批判のひとつの方法として採用した。ヒトラーが台頭し、ナチスのドイツ支配以降に起こったことと、これから日本で起こることをシンクロさせようとしている。これは、軍国主義や徴兵制と同じく、全く根拠のない言い掛かりである。

 もうひとつのポインは、この法案を「国民と安倍総理の戦い」と定義する宣伝手法だ。これは、GHQが戦後の占領期に、日本人の精神を改造し、自らの対日戦争を正当化しようとした際に活用した手法と同じなのだ。GHQは意図的に、戦前戦中の軍部と一般国民という2者を対立軸に置き、戦前戦中の軍部を絶対悪に仕立て上げた。このことによってGHQは、米国がもたらした民主主義によって戦後の日本人が解放されたというストーリーをつくり上げ、戦前戦中の軍部を憎む心理を日本人の中に醸成したのである。根本的な政策を作れない民主党にとって、安倍政権を貶める手段が、「安倍政権は暴走する」というプロパガンダなのだ。

 衆院を通過した安保関連法案は、すべて現行法制下のルール・手続きに従って進められていて、進め方に瑕疵はないのだ。民主党をはじめとする野党は、「強行採決」と言って批判するが、その批判は審議拒否や採決欠席という対抗措置を取った野党にこそ向けられるべきだ。

 新国立競技場建設プランの白紙撤回を受け、蓮舫は下村文科相の辞任を要求し、枝野はこれを「党の方針」であると名言した。この建設プランを決定したのは民主党政権であり、何故現在の文科相の辞任に結び付くのか全く分からないのだが、自民批判が党の本分である所以だと思われる。こういう政党が「政権交代に向けた準備を再始動」とは、片腹痛い。

 民主党は全国各地で街宣活動を行うというが、もし皆さまの地元に彼等が現れたら、「帰れコール」でもしていただきたい気分だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/07/19 09:48 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ