FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年07月04日

サヨクが自衛官の身の安全を慮るという“偽善”

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政治家やマスメディアら言論機関は、その職業柄、見解にある程度の一貫性を求められるものだ。政治家がコロコロと言うことを変えれば風見鶏扱いされ、信用されない。選挙で訴えたことは、有権者との約束であるから、簡単には反故にできないのだ。数年前、これで自爆した民主党という政党があったが、それ以来、彼等は何も学習していない。

 民主党は今国家において、安保法制に十分な議論を求めていたはずだ。ところが、政権側が95日間という、戦後最長の会期延長を決めた途端、国会を閉じろと言いだした。言っていることが真逆なのだ。よくもこのような変わり身を臆面なくできるなあと思うのだが、彼等がこれほどいとも簡単に方向転換できるのは、政権への抵抗こそが目的化しているからだと思われる。

 この安保法制の議論において、しばしば自衛官の安全が、左派メディアや野党から指摘されている。勿論、自衛官を守るための法整備は必要なのだが、言っているのが、野党や、今まで自衛隊そのものを苛めぬいてきた左派メディアだから、「一体どの口で言う?」と呆れてしまうのだ。

 朝日新聞を例に取ってみよう。このふたつは、同じ朝日新聞の見出しだ。

  • 裁判官 世間へ飛び出す 新聞社で中堅研修(1982年9月15日)
  • 自衛官、新聞社で記者実習 プレスの独立どうなる(1993年9月14日)

 これは、井沢元彦氏の著書「虚報の構造オオカミ少年の系譜―朝日ジャーナリズムに異議あり」に書かれたものだが、公務員の新聞記者体験という点では同じなはずなのに、何故か自衛官の実習だけが否定的にタイトルを付けられている。裁判官ならよいのに、自衛官の場合はダメというのは、明らかに自衛官に対する差別なのだ。朝日以外でも、中日新聞が、人命救助をした自衛官をわざわざ「会社員」と書き替えたこともある。左派メディアにとって、差別の対象である自衛官に“栄誉”など不要なのだ。戦後、朝日をはじめとする左派メディアは、こういう差別記事を垂れ流し続けてきたのである。

 そんな、自衛官への差別を社是としてきたような新聞に、「自衛官の安全はどうなるのか」と今さら言われても、朝日らの過去を知る者としてはまともに聞く気がしない。

 これと同じ構図が、政治にも当てはまる。辻元清美が、自衛官の身の安全を慮るような質疑をしているのを聞くと、蕁麻疹が出そうになる。共産党、民主党、社民党なども然りだ。彼等の場合、自衛官に身の安全など、政権に抗う道具に過ぎない。政権を揺さぶれるなら、自分たち信条的に否定してきた自衛官すら利用する。官邸や国会前でデモをするサヨクもこれらと同質であることは、改めて書くまでもない。

 もはや「ご都合主義」ということばひとつでは片付けられない。政治やジャーナリズムには、こういう「あからさまな偽善」がまかり通っているのだ。

虚報の構造オオカミ少年の系譜―朝日ジャーナリズムに異議あり (小学館文庫)
虚報の構造オオカミ少年の系譜
―朝日ジャーナリズムに異議あり


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/07/04 07:51 ] 史観 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ