FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年06月22日

南鮮「日本の世界遺産登録に協力」 ~ 日本政府は尹炳世にどんなお土産を持たせたのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 反日原理主義で知られる南鮮の尹炳世外相が来日し、岸田外相と会談を持った。出てきたのは、青瓦台の唐突な手のひら返しだ。南鮮側は、日本が進める「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について、協力する方針を初めて示した。安倍・朴の首脳会談については、「適切な時期に実現すべく共に努力していく」とし、両国首脳はそれぞれ、自国で開かれる日韓国交正常化50年の記念セレモニーに出席するという。

 それにしても唐突だ。今回、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に協力する姿勢を示した尹炳世は、つい一週間ほど前にこれの妨害活動のために欧州に赴き、世界遺産委員会の議長国であるドイツの外相に、「議長国として積極的な役割を果たせ」と要求している人物だ。尹はドイツのほかにクロアチアを訪問、また、南鮮はそのほかにも、超党派による議員団を組織し、ペルーやカザフスタンといった世界遺産委員国にローラー作戦をかけていた。「国際社会に歴史的事実を明確に知らしめる」と豪語していた。尹の方向転換は、極めて唐突であり、かつ不自然だ。

201506210021.jpg


 報道各社は、南鮮が世界遺産に推薦している「百済の歴史地区」の案件の登録とのバーターであるかのように報じている。しかし、そもそも日本が「百済の歴史地区」なるものの登録に反対運動をしていたわけではない。従って、対等なバーターは成立しないのだ。

 日韓関係における青瓦台の立場は、歴史問題における(南鮮側にとっての)進展であり、その具体的要求が慰安婦問題で日本が譲歩だった。それがなければ首脳会談は開かないという方針を頑なに維持してきたのだ。ところが尹炳世の来日を控えた20日、南鮮の駐日大使柳興洙が、毎日新聞のインタビューで「慰安婦問題解決が韓日首脳会談の前提ではない」と言い出した。明らかに、青瓦台の外交方針の大転換だ。南鮮が追い詰められていると言えばそれまでだろう。だが、あの無駄にプライドの高い南鮮が、何のお土産もないまま、日本に譲歩するだろうか。

 以下は、聯合ニュースが伝えた、尹炳世の南鮮メディアとの会見内容だ。

――会談の内容は

「会談2時間、夕食会1時間半の3時間余りにわたり、相互の関心事について友好的な雰囲気の中で虚心坦懐(たんかい)に建設的な協議を行った。両国関係全般に関する問題、北の問題、東アジア問題、国際問題での協力を包括的に協議した」

――旧日本軍の慰安婦問題をめぐる立場の差は縮まったか

「慰安婦問題におけるわれわれの主な関心事については立場を明確に伝えた。特に、(明治日本の産業革命遺産の)世界文化遺産登録問題については、両国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の責任ある委員国として、この問題の話し合いを通じ円滑に妥結するとの共通認識を持って緊密に協議することにした。今日ソウルで発表があったように、あすの国交正常化50周年記念式に両国首脳がそれぞれ出席することは関係の改善に向けた両国指導者の強い認識を反映したものだとの認識を共有した。両国の高官交流強化の一環として年内の岸田外相の訪韓を要請し、岸田外相も承諾した。国交正常化50周年にふさわしいさまざまな行事について協議している」

――慰安婦問題に関する主張に対する日本の反応は

「局長級協議が進められているため、詳細については別の機会に説明できるだろう」

――局長級協議と同じ内容を協議したのか

「進展状況に合わせて、より詳しく説明できる機会があるだろう」

――慰安婦問題について双方の立場に差があるが、双方の認識が一致した最小限の内容があるか

「会談内容の詳細を話すことはできない。国交正常化50周年を迎え、残りの懸案の進展を遂げ、好循環をもたらす方向へと進むことを望む。このために両国の外相が協力し、外交チャンネルを通じた協議を続けようという話をした」

――日本の世界文化遺産登録推進問題は

「両国が協力し、両国が申請した遺産の登録のため、共に協力していくことで一致した。こうした良い協力例を通じ、ほかの問題でも前向きな方向で進むことを期待し、両国外交当局間で引き続き協議することにした」

――登録で協力するということは韓国が賛成するとの意味か

「これまで韓国が示してきた立場をみれば、今回の発言が何を意味するのか理解できるはずだ」

――強制徴用に関する内容を日本側が反映するのか

「それについては近いうちに具体的に説明する機会があるだろう」

――日本が強制徴用問題を反映し、その事実を伝えることに同意したとみていいのか

「両国が責任ある委員国として協力することにしたため、近いうちに首席代表間協議が開かれれば具体的な内容を説明できるだろう」

――世界文化遺産登録をめぐる3回目協議はいつ開催するのか

「近いうちに開催する可能性がある。日程が決まれば発表する」

――首脳会談への期待があるが、時期は秋か年内か

「まだ時期を話せる段階ではない。そうした対話については常に開かれているため、雰囲気をつくることが重要だ」

――朴大統領が22日の国交正常化50周年記念行事で送るメッセージは

「50周年にふさわしい、懸案を進展させながら未来志向の協力ができる元年にしてほしいとの趣旨の話があると思う」

――22日に安倍首相と会談するか

「現段階ではその可能性が高いと思っている」

――どういうメッセージを伝えるのか

「きょうの議論の延長線で、両国関係の発展に向けた私の考えを伝え、国交正常化50周年に合わせ、新しい飛躍の契機になってほしいという話をすると思う。特に、直接首脳が(行事に)出席するため、それ自体が大きなメッセージになると思う」

――安倍首相に朴大統領のメッセージを伝えるのか

「会談をすることになったら、その後に説明する」

(以上、聯合ニュースより)


 尹炳世は慎重に言葉を選びつつ、岸田外相との合意内容にについての具体的言及を避けている。交渉が途上にあることもあるが、互いに両国の世論を考慮し、成果の発表には慎重なのだろう。しかし、私には、原理主義的に反日を推進してきた朴槿恵と尹炳世のコンビが、何のお土産もなく、南鮮世論の反発を受けるような方向転換をしたとは思えない。日本が南鮮に渡したであろう「お土産」の中身が説明されるべきだ。

 それでもなお、当初は「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録そのものに反対していた南鮮が、5万8千人の強制徴用の歴史を施設に明記せよと条件闘争に転換し、最終的に「日本の世界遺産登録に協力する」と態度を軟化させた経緯を見れば、南鮮外交の敗北は火を見るよりも明らかだ。

 気にかかるのは、やはり、岸田外相が尹炳世に持たせたお土産の中身である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/22 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(18)
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ