FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年06月17日

民主党は消えゆくのみ ~ 長島氏の党再生三つの要件は不可能な要求だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党の長島昭久衆議院議員が、国家基本問題研究所の「目を覚ませ、民主党!」と題した短い文章を寄稿した。私は国基研の会員なので、会のウェブサイトは時折見ているが、民主党議員の寄稿などなかなか珍しい。文章の結びの章で、長島氏は、民主党の現状を痛烈に批判している。

 ●「何でも反対」の万年野党体質
 それ(下野)から2年半が経過しようとしている今日、民主党を「改革政党」と見なす国民はほとんどいまい。改革路線は維新の党にすっかりお株を奪われ、労組など組織出身の議員が大半を占める参議院と衆議院の議員数がほぼ同じとなり、党内論議はかつての自由闊達さとは程遠い、民意から懸け離れた組織防衛の論理が跋扈(ばっこ)する低劣なものとなってしまった。
 特に安保法制を巡る国会審議では、私たちが標榜した「保守二大政党」とは似ても似つかぬ万年野党の「何でも反対」路線がますます先鋭化している。
 現状のままでは、政権奪還は夢のまた夢であろう。もはや解党的出直ししか道はない。第一に、労組依存体質から脱却しなければ改革に背を向けた勢力との批判を払拭できない。第二に、社会保障に偏った「大きな政府」路線を見直し、アベノミクスに代わる経済政策と地方再生戦略を打ち出さねばなるまい。第三に、「政争は水際まで」と腹を決めて、一刻も早く、政権交代前のような現実的な外交・安全保障政策に回帰することだ。目を覚ませ、民主党! さもなくば、消えゆくのみ。


 申し訳ないが、長島氏は不可能を要求している。氏が民主党に希望を抱いて入党したのが平成12年、初当選は平成15年だが、その当時、民主党が「保守二大政党」を標榜していたなら、氏も騙されたクチだろう。入党時の党代表はあのルーピーであり、とてもじゃないが保守とは言い難い。初当選の年には小沢一郎が民主党に合流している。長嶋氏も大いなる計算違いをしたようだ。

 ともあれ、長島氏の指摘は部分的には正しい。「万年野党の「何でも反対」路線がますます先鋭化している」という点については、まさしく民主党の今を的確に表現したものだ。「何でも反対野党」は、以前は旧社会党、共産党の看板だった。だから、反政府勢力からは一定の評価を得るものの、誰もそれらの政党に政権を預けることなど、想像すらしなかった。民主党が突き進む路線は、まさに「何でも反対」である。そして、反対のためなら暴力を行使するという、数十年前の学生運動さながらの左翼らしさが浮き出て、馬脚を現した。

o0800040013336062066.jpg


 保守派からの評判は芳しくない橋下徹氏だが、松井一郎大阪府知事を含め、彼等の民主党に関する物言いも正鵠を得ている。橋下氏は「民主党という政党は日本の国にとってよくない。なぜなら政党の方向性が全く見えない」とこき下ろし、松井氏は「反対のための反対の、民主党がやっているようなばかな国会運営には参加しない」と三行半だ。単なる野合を目指す松野“名ばかり”代表を牽制した発言とも取れるが、腐ったミカンに擦り寄れば自らも腐ることを前提にした「距離感」を定義する発言とも言えるはずだ。

 長嶋氏の「不可能の要求」とは、氏が指摘している民主党の出直し路線が、ほぼ全て不可能としか思えないからである。彼は先ず「労組依存体質から脱却」を提言したが、もともと選挙互助会である民主党にとって、最大の支援団体と手を切ることは互助会としての機能を否定することになるので、不可能である。そして、「アベノミクスに代わる経済政策と地方再生戦略」だが、もともと詐欺的なマニフェストで国民を裏切った民主党が、政策提言をしたところで、もう誰も信用しない。三つ目の「現実的な外交・安全保障政策への回帰」だが、それを提言する議員がもしいたなら、民間人である森本敏氏を防衛相に登用したりはしなかっただろう。

 「民主党は消えゆくのみ」という危惧を持つ長島氏自身が、自分の三つの要求が民主党にとってどれほどハードルの高いものか、十分分かっているはずだ。そして、長島氏が敢えて要求に含めなかった、最も重要かつ根源的な政党要件 ―― 即ち、憲法に対する党のスタンスひとつ纏められない政党に、政権交代可能な政党としての国民の支持など集まろう筈もない。

 民主党は、まさしく「消えゆくのみ」である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/17 08:45 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ