FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年06月14日

民主主義に暴力を持ち込む民主党 ~ 議論する気がないならバッジを外せ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会とは、国民の負託を受けた政治家が、国の政策について議論し、立法する場である。しかし、特定の政党には、議論以外に暴力を行使する場でもあるようだ。12日の金曜日、労働者派遣法改正案の採決を目論んだ与党に対し、それを阻む方法として、民主党が身体を張って阻止する“実力行使”に及び、もみくちゃにされた渡辺委員長は頸椎を負傷。与党は採決を先送りした。

 民主党は12日朝から国会内に若手議員らが集まり、厚労委の“妨害”に向けた作戦を練った。委員室前の人員配置を書き込んだ図面を用意し、山井和則元厚労政務官は「体を張ってがんばろう!」と気勢を上げた。(産経ニュースより)


 労働組合の団交か、はたまた往年の学生運動か。中心となっていたのは安保闘争の残滓かと思いきや、若手議員だというのだから恐れ入る。産経の記事にある、民主党議員ら審議妨害をするために張った「ピケ」という単語は久々に聞いた。懐かしささえ感じる。「旧社会党に先祖返りした民主党」という表現は、まさしく言い得て妙だ。

FNNが入手した民主党議員作成の文書では、「委員長にとびかかるのは委員会メンバー」などと、身体的に物理的な力を行使して、採決を阻止するよう指示が明記されている。(FNNより)


民主党、委員長に飛びかかれとの指示


 FNNが、この厚労委員長への暴力や議場荒らしについて、民主党によって周到に計画され、実行に移されたことをスクープした。国会内での珍事といえば、三宅雪子が甘利氏に突き飛ばされたとして、国会に車いす姿で現れた一件を思い出す。民主党国対委員長の山岡賢次(当時)は、「かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした。明らかな暴力行為」と甘利氏を糾弾し、懲罰動議をちらつかせた。憤慨とともに嘲笑の的となった一件だったが、そもそも議論での解決をよしとせず、暴力や当たり屋行為によって政策決定を妨害するという「党是」を、民主党が持っているということの例証ではないか。

 今回の厚労委員長への暴力については、山井和則、中島克仁、阿部知子の3人に対し、自民党から懲罰動議が出されたという。あの様相を見て、審議拒否と暴力行為を正当化できる人はいないと思っていたら、やはりいるのだから面白い。自民党長尾たかし氏のFBでは、こんなやりとりがあった。

nagao-tokunaga.png


 民主党の徳永エリによれば、「体張って止めることが国民の為。民主を批判する人は分かっていない!」とのことだ。安直な正当化だが、この論理で「委員長に飛びかかる」ことも正当化されるのなら、我が国の国会への適性は皆無だと考える。バッジを外して、国会や官邸前で奇声を発するデモ隊に参加した方が、よほどしっくり来るのではないか。

 我が国の政治には、野党は必要だ。しかし、議論を否定して暴力に走る野党だったら、そんなものは要らない。バッジを外して出直せと言いたい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/14 10:31 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ