FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年06月09日

明治日本の産業革命遺産 ~ 朝鮮人5万8千人への強制労働と人権蹂躙というファンタジー

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮の反日ロビー活動の一端が日の目を見た。「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録について、南鮮が、世界遺産登録に投票権を持つ国に渡した、“登録反対を要請した書類”を、ANNが入手したそうである。

入手「韓国が世界遺産反対に投票を要請」した文書 (ANN)

 「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録に韓国などが反対している問題で、韓国が投票権を持つ国に渡した反対を要請する文書をANNが独自に入手しました。

 (大野公二記者報告)
 今回、入手した韓国側の文書は英語で書かれていて、投票権を持つ21カ国のうち17カ国に先月渡されたものです。そこにはまず、日本が申請しているうちの7施設で、約5万8000人の韓国人が強制労働させられたことが紹介されています。さらに、「この場所で、多くの韓国人が愛する家族のもとに戻ることができずに命を失いました。強制労働と人権蹂躙(じゅうりん)の現場がまるで何事もなかったかのように世界遺産に登録されれば、まだ生存している被害者らが再び苦痛を受ける悲劇になります」などと書かれています。そして、文章の最後は「正義が実現できるように韓国への支持を要請します」と結ばれています。
 一方、日本政府の内部文書によりますと、これまで投票権を持つ国のうち、日本の支持を表明しているのは12カ国にとどまり、登録決定に必要な3分の2の支持に届いていないことが明らかになっています。投票国との交渉に関わる韓国政府関係者は「すでに12カ国が日本を支持したというのも疑問だ。投票国の間には『韓国の主張の仕方のほうが合理的だ』という声が広がっている」と話しています。


「韓国が世界遺産反対に投票を要請」した文書


 ANNにはこの文書の原本(英語)をそのまま公表してもらいたい。それを待つとして、ANNの報道を読む限りにおいて、日本が絶対悪でなければならない南鮮の心情が良く表れた文章だ。論旨は、今まで散々目にし、耳にしてきた反対運動とほとんど乖離はない。改めて認識される言葉としては、「強制労働と人権蹂躙」がある。彼等にとって、日本による統治(あちらでは植民地支配という)からの独立こそがアイデンティティを確認するキーワードであるのだが、その統治は、例え事実とは異なったとしても、差別された朝鮮、人権を蹂躙された朝鮮がなくてはならないのだ。そういう修飾があって初めて、日本=絶対悪という原理主義的宗教が完成するのである。

 そもそも、「約5万8000人の韓国人が強制労働させられた」というこの数字は、何処から、如何なる根拠をもとにして弾きだされたものなのか。数字を逆方向から見れば、数字を膨らませば膨らますほど第三者の共感が得られるという、捏造慰安婦問題の成功体験から出てきたものではないのか。「明治日本の産業革命遺産」の対象時期は、日韓併合時代とは時期がずれている。一応は主権国家であり他国であった朝鮮から、労働力を強制的に集めることなど、そもそも不可能だ。従って、その時代、その土地に朝鮮人が働いていたとしても、性質としては出稼ぎ労働である。

 慰安婦20万人説というトンデモ数値と同様の捏造とみて差し支えないだろう。南鮮当局は、この数字が正確だと言い張るなら、数字の根拠を示すべきだ。その上で、「明治日本の産業革命遺産」と、過去に世界遺産に登録された数々の遺跡、建造物とそれに要した労働力との違いを説明すべきだ。

 最後には、「韓国への支持を要請します」という一文が挿入されている。今回の反対要請は、南鮮にとって、国際社会を舞台にした政治闘争なのである。今回の登録反対キャンペーンは、朴槿恵の支持率UPを導き出すための道具であり、同時に、反日ファシズムによる国威発揚としか取りようがない。

「韓国が世界遺産反対に投票を要請」した文書


 ANNの最後の一文は、世界遺産登録の投票権を持つ国のうち、日本の支持を表明している国の数が、登録決定に必要な3分の2に届いていないという情勢に加え、「『韓国の主張の仕方のほうが合理的だ』という声が広がっている」という青瓦台関係者の話で締めくくられている。この見方を南鮮当局の自惚れと取るか否かは別として、結びに南鮮の主張を持ってきて報道を閉めるというのも、如何にも左派系メディアのやりそうなことだ。

 結果は今月末に出る。「明治日本の産業革命遺産」が申請通り漏れなく登録されれば、終わり良し。ひとつでも欠ければ、日本国民の南鮮に対する感情は、嫌悪感から憎悪に変わる可能性がある。どっちに転んでも、「仲良くしよう」という掛け声が、海を挟んで空虚にこだまするだけだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/06/09 07:18 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ