FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年05月26日

「そういうことがあったらしい」⇒「きっとあったに違いない」⇒「そういう事実があった」という南鮮式ロジック

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮メディアはいま、「明治日本の産業革命遺産」について、ユネスコへの登録勧告を行うICOMOSが、「一般市民が歴史の全ぼうを理解できるような解釈を加える準備をするように」と日本の当局に勧告したという話で大騒ぎである。聯合ニュースは、青瓦台当局者の声として、「日本が産業革命遺産の世界遺産登録申請の対象を1850年代から1910年と限定したが、1940年代に集中した朝鮮人の強制労働も含まれるべきだというのがイコモスの勧告の意味だ」と、得意気に伝えている。

 このニュースは南鮮で話題を呼んでいるが、日本のメディアは採り上げていない。共同通信が「複数の政府関係者は同日、共同通信の取材に対し、「諮問機関から、そのような連絡は受けていない」と述べた」と伝えているが、姑息にも、この記事は朝鮮語のみで、日本語の報道は無い。一体何が本当なのか、さっぱりわからないが、何やら南鮮メディアの先走りの匂いがする。

 慰安婦問題でも何でも、南鮮の人々は同じプロセスで事実を曲げる。何らかの事象について、「そういうことがあったらしい」という噂が広まり、それが反日感情に後押しされ、「きっとあったに違いない」という決めつけが行われ、やがてそれが「そういう事実があった」という断定に変換される。呉善花さんが著書「「反日韓国」に未来はない」の中でこのプロセスについて書いておられるのだが、民族の本質を的確に表わしたロジックだと言えるのではないだろうか。

AS20150523000260.jpg
イチャモンをつけにきた南鮮外相補佐官(右)を迎える、ご苦労様な新美審議官(左)


 南鮮外務省が、日本の名誉にイチャモンを付けるために外相補佐官を日本に送り込んだが、案の定、議論は平行線だったようである。無理もない。登録候補の施設は、明治時代における日本の産業革命を象徴するもので、日本側の見解は、1910年の日英博覧会をひとつの区切りとしている。1910年がたまたま日韓併合の年だからといって、日本の産業革命の年表がずれるわけではない。

 ところが、日本のメディアは南鮮のこの無理筋な主張に寄り添うのだから、不思議である。朝日新聞は、遡ること5月8日の社説で、「1910年より後のことを考慮しないというのは不自然だ」と、南鮮の主張の背中を押す。同じく朝日の23日の素粒子は、「1910年以降に働いた人がいなければ残っていないはず。明治の産業遺産。徴用された朝鮮半島の人を含めて」という文で始まる。1910年以降の歴史に、殊更焦点を当てること自体に無理があるように思う。

 毎日新聞の社説はもっと壮大だ。毎日は22日の社説を、「日韓正常化50年 このまま素通りなのか」と打った。安倍総理の米上下両院合同会議に対する、南鮮国会の非難決議、それに続いた「明治の世界遺産」登録勧告に対する同国の批判に対し、日本政府が南鮮疲れを起こし、「南朝鮮など放っておけばいい」という雰囲気が充満している現状を指摘している。それでも毎日は、「全面的な対立の中で、50周年を迎えてはいけない」と、両者の協議によって着地点を探せと、釘を刺す。

 23、24日に実施された、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐり、南鮮が強制徴用を理由に反対していることに対し、73.0%が「理解できない」と答えている。これが、日本国民の率直な見方だろう。73%という数字を甘く見てはいけない。以前から、南鮮の言動に問題意識と怒りを持ち続けている嫌韓派は確かにいるが、この73%という数字は、そういう層以外の、普段は南鮮のことなど気にかけない人までも取り込んでしまったことを意味する。政党支持でいえば、無党派層が動いたのと同じだ。

 従って、日本の南鮮嫌いは、既に広く浸透してしまったのである。この関係の修復は、もう不可能なレベルにまで達していると思った方がいい。そしてその責任は、南鮮側が負うべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/26 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(15)
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ