FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年05月23日

戦争が「正しかったか、間違っていたか」という二者択一の見解を迫る、共産党志位和夫の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 20日水曜日に行われた党首討論で、2004年以来11年ぶりに共産党が登壇した。志位委員長はポツダム宣言を引用しながら、安倍総理の歴史認識を問い質した。先の大戦は日本にとって「間違った戦争だったか否か」という、安倍総理の認識だ。安倍総理が「つまびらかに承知していない」と答えたことで、志位は討論後の会見で、「首相の資格がないことがはっきりした」などと、明後日の方向に結論を持って行った。

志位和夫
イメージ画像(笑)


 志位が引用したのは、ポツダム宣言の下記2項だ。

六 日本の人々をだまし、間違った方向に導き、世界征服に誘った影響勢力や権威・権力は、排除されなければならない。無責任な軍国主義が世界からなくなるまでは、平和、安全、正義の新秩序は実現不可能である。

八 カイロ宣言の条項は履行されるべきものとし、また、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。


 カイロ宣言とは、米ローズベルト、英チャーチルに加え、支那の蔣介石(国民党)を加えた三国会談である。日本の戦後処理に関する内輪の会議で、蒋介石が企んでいた「日本との単独講和」という抜け駆けを抑え込むために仕掛けた枠組みだ。何故志位が、特に八項を持ちだしたのか。志位は、日本がアジア諸国に巣食っていた欧州列強の植民地体制を打ち払ったという、戦争のポジティブな面を完全に否定したかったからだろう。間違った戦争だったから、また、侵略して奪った土地だから、その返還を求めるという、アジア諸国における米英の利権回復、即ち、再び搾取するための体制を求めたものでしかない。

 さて、八項を修飾に添えながら、志位が最も強調したかったのは明らかに六項 ―― 日本の世界征服の野望と軍国主義の排除 ―― だろう。日本による世界征服とは、後に支那の偽造工作と判明した「田中上奏文」が作った史観に影響されたものだ。東京裁判ですら、証拠として採用しなかったものだ。志位はその史観に基き、日本の世界征服を呪ったポツダム宣言を利用しつつ、日本の戦争は間違っていたことを総理に認めさせようとした。

 翌日の赤旗は、まるで血管を浮きすぎて切れるくらいの論調で、安倍総理を批判した。

日本の戦争の善悪 間違い認めぬ首相の危険明白 (しんぶん赤旗)

 安倍首相には「間違った戦争」との認識はあるのか―。志位氏の端的な問いにたいして、安倍首相は、歴代内閣の談話を「全体として受け継ぐ」というだけで、自分の言葉として「間違った戦争」とは一言もいいません。あまりに無責任な姿勢に驚かされます。日本自身の過去の戦争の善悪を判断することは、国民の平和と安全に責任をもつ政治家に、もっとも問われていることだからです。

 70年前、日本は「ポツダム宣言」を受け入れ、敗戦を迎えました。「ポツダム宣言」は、日本の戦争について「世界征服ノ挙ニ出ヅルノ過誤」であることや、日本の「侵略」であることなどを明確に判定しています。日本がアジア・太平洋地域で戦争に乗り出したことを「間違った戦争」と認識することは、国際的にも歴史的にも、すでに決着がついているものです。


 驚かされるのはこちらのほうだ。戦をする国が、例えプロパガンダとはいえ、戦の大義を掲げることは自然なことである。ただし、その大義は戦うことを一方的に正当化するものであって、正しいか誤りかは問わないものなのだ。その米英の大義、即ち「日本による世界征服の野望」を撃つという宣誓を鵜呑みにして、日本の過去を糾弾する姿勢には、討論後の政府高官の「どこの国の政治家ですか」というコメントが最も相応しい。

 戦争にはありとあらゆる見方があり、単純に「正しかったか、間違っていたか」という二者択一の見解で語るなど、愚の骨頂である。勝者の論理だけが秩序を形成し、敗者が未来永劫の悪者にされるなら、敗者はその名誉を回復せんとして、再び戦争をという選択肢を模索することだってあり得るのだ。

 志位和夫が戦争に対する二者択一の解釈を迫り、「日本の戦争は間違っていた」というなら、彼は逆の立場である連合国の戦争を正当化することになる。日本への原爆投下が正しく、都市空爆による無差別殺戮が正当化されるということだ。共産党というのは、「いったいどこの国の政党」なのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/23 11:09 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ