FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年05月10日
月別アーカイブ  [ 2015年05月 ] 

単なる願望、単なる反対なら、馬鹿でも言える

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自分が滅茶苦茶にした沖縄基地問題がこれだけこじれにこじれる状況は、その犯人であるルーピー鳩山すら想像していなかったのではないか。「国外、最低でも県外」発言の無責任さが、普天間基地辺野古移設にかかわる今日の混乱を生みだした。勿論、辺野古への移設に反対する声は、それ以前からあったのだが、根回しや手続きを一期にちゃぶ台返ししてしまった鳩山の責任は、限りなく重い。

 4月9日、辺野古基金が設立された。辺野古基金とは、新基地建設反対の世論を広げるための活動を支援するために作られたもので、新基地設立に反対する地元経済界、議員、県外の文化人らによって設立されたものだ。移設を進める政府を牽制するのが狙いであり、米国の主要紙等に意見広告を出す資金も、ここから調達されるという。

 この基金には、いまだホームページすらない。発足から一ヵ月で1億2千万円だか4千万円だの寄付が集まったと言うが、基金の素性も明らかにされない状態のままで、寄付する人の気がしれない。基金の共同代表には、県内の建設大手「金秀グループ」の呉屋守将会長、元外交官の佐藤優氏、故菅原文太氏の妻、文子さんら6人だったが、そこに宣伝戦を担う広告塔が加わった。宮崎駿氏である。戦後進歩的文化人の残滓ともいうべき鳥越俊太郎とともに、共同代表に就くという。

宮崎駿 鳥越俊太郎


 宮崎駿は、ベネチアで引退を表明した際、「安倍政権の右傾化に失望。自身の政治的発言の波紋に負担を感じた」というのがその理由として伝えられた。2013年7月に、スタジオジブリ出版の小冊子「熱風」において、「憲法を変えるなどもってのほか」という題の文章を寄稿し、波紋を呼んだ。自分もその波紋の大きさに戸惑ったのだろう。その「政治的発言の波紋に負担を感じた人物」が、再び「もろ政治的」なフィールドに帰ってくるのである。

 政治的発言の波紋に負担を感じながら、それでも宮崎氏は政治的発言を止めたわけではなく、突然のカムバックではない。2014年11月には、オスプレイ配備撤去と辺野古新基地建設に反対する県民運動に賛同し、「沖縄の非武装地域化こそ、東アジアの平和のために必要です」との直筆文を寄せている。

宮崎駿 沖縄の非武装地域化こそ


 辺野古への基地移設に反対する勢力にとって、宮崎氏は恰好の広告塔である。世論戦としては、これほどいい人物はいない。政治に疎い無党派層のなかで、容易くなびく人も少なくないだろう。

 しかし、当たり前の話だが、いわゆる政治以外の分野で活躍する人が、政治的に正しいことを言っているとは限らない。全く専門外のことをコメントしている、ワイドショーのコメンテーターと大差ないのだ。宮崎氏の発言は思想的なものであって、政治ではない。例えば、日本が一方的に沖縄の非武装化を実現したら、一体沖縄はどうなるのか。答えるまでもないだろう。そんなお花畑的な空想的平和主義で、沖縄基地問題を語って欲しくない。基地がなくなるのは理想かもしれない。しかし、現実を見た時、単なる願望の域を出ないものなのだ。

 宮崎駿というひとは、憲法発言・反原発発言に多くの人が反応した通り、著名人であり、少なからず影響力を持つ。彼は政治家や評論家ではないから、代案を出すことまで要求されないのかもしれない。ただ、自身の持つ影響力をバックに、国防という重大なイシューにただの願望をぶつけるだけなら、単に彼を活動家と捉えるしかない。

 著名人がその地位を利用して政治的発言をする場合、その責任は単なる個人的な発言以上の重さを持つ。「辺野古移設反対」という、単なる願望なら馬鹿でも言えるのだ。願望で国を守れるのか?「沖縄の非武装地域化こそ、東アジアの平和のために必要です」という言葉は、憲法前文の思想そのものである。だから私は、宮崎駿という人物の思想を軽蔑する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/10 08:58 ] 社会問題 | TB(0) | CM(16)
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ