FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年05月04日

大江健三郎の迷演説 ~ いつものメンバーでいつもの話で盛り上がる護憲派集団

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞デジタルに、かなりチープな記事が掲載されていた。桜美林大で国際政治を教えているという、加藤朗教授。かつては憲法を改正し、自衛隊を「軍隊」と認めるよう訴えていたが、最近になって「今は『平和大国戦略』を守るべき時だ」と、“転向”した人物であるようだ。

 加藤教授は2012年にシリアに入り、ダマスカスで秘密警察に拘束された。4日間拘束され、何の説明もなく強制退去となったが、帰国後に小池百合子元防衛相から「助かったのは日本人だったから」と言われたそうである。

アラブ諸国が、憲法9条を知っていたかどうかはわからない。しかし、街中で出会う子どもさえ「ヒロシマ」「ナガサキ」と口にした。「戦争を避ける『平和大国ブランド』の重みを実感した」


 失礼ながら、よくこの程度の認識で、国際政治を教えられるものである。待ち中で会う子どもが「ヒロシマ」「ナガサキ」と口にしたことと、憲法9条は何ら関係ない。教授自身も「アラブ諸国が、憲法9条を知っていたかどうかはわからない」と前置きしているにもかかわらず、どのようにして『平和大国ブランド』を感じることができるのだろうか。拘束が解かれたことと、憲法9条の間にあった因果関係は、到底説明不可能だ。かなり御目出度い記事である。

 朝日新聞が、「憲法改正不要48%、必要43% 朝日新聞社世論調査」という記事を、得意気に掲載している。

◆以下は、憲法第9条の条文です。(憲法9条条文は省略)憲法第9条を変える方がよいと思いますか。変えない方がよいと思いますか。

 変える方がよい29

 変えない方がよい63


 この設問自体が誘導である。憲法9条をもう一度おさらいしてみよう。

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 大雑把に分ければ、一項が戦争放棄、二項が戦力不保持と交戦権否定を定めたものだが、一項と二項は性質がかなり異なる。一般に国民は戦争を忌避するから、一項に関して憲法改正を望まない方に世論が向かうのは当たり前だと思う。だが、戦力の保持を否定し、交戦権を認めないことによって国の平和が守られるか?と問われれば、かなりの人が疑問を持つだろう。つまり、護憲か改憲かを世に問うのであれば、一項と二項に別々に問うのが筋だ。朝日は、纏めて問えば、護憲が多くなることを知っていたのだろう。これも一種の世論誘導である。

 昨日は憲法記念日といわれる祝日。護憲、改憲の両派は、それぞれ、東京のど真ん中で集会を開いた。横浜の臨港パークで行われた「5・3憲法集会」では、大江健三郎氏らが参加。大江は安倍総理を7度も呼び捨てにし、「彼がアメリカ両院で話したことはウソだと思う」などと批判したという。

大江健三郎


 このイベントは「平和といのちと人権を!5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」というものだが、連絡先の「東京都千代田区三崎町2-21-6-301」という住所でググれば、香ばしい団体がこれでもかというぐらい沢山ヒットする。大江の他の登壇者は、雨宮処凛、落合恵子、香山リカなど。きっといつものメンバーが集まり、相変わらずいつもの話の話をしたのだろう。

 大江はかつて、「ぼくは、防衛大学校生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている」と述べた。一種の職業差別だ。大江のような人物は、自衛隊が日本に与える恩恵を決して評価せず、無視し、感謝もしない。そして、彼が自衛隊の対立軸と考えるのが、憲法9条なのだろう。

 大江が安倍総理を呼び捨てにしたことについて、関係者は、「いつも穏やかで人のことを呼び捨てにしたことはないと思う。相当怒っているのではないでしょうか」と言っているそうだ。軍事を忌避し、国家間の紛争がすべて話し合いで解決できると考えるのが護憲論者であり、戦後民主主義の信望者である。「戦後民主主義者だから」と言って文化勲章を拒否した大江は、安倍総理に呼び捨てにするくらいキレる前に、改憲論者や安倍総理と話し合いをしては如何だろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/05/04 07:51 ] 史観 | TB(0) | CM(40)
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ