FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年04月19日

日米が参加を見送るAIIBと、朝日が求める対支「大局観」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マスメディアは、支那が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)に関し、いまだに「バスに乗り遅れるな」という論調を垂れ流しているが、このバスに乗ることが、本当に日本の国益に沿うものなのか。日米が指摘するように、AIIBの政策決定には透明性がない。出資者はその政策決定にほとんど関与できず、中共の思惑が政策に直接的に反映される仕組みだ。しかるに、メディアが「乗れ」というバスは、行き先が知らされないバスのようなものだ。そんなバスに、誰が安心して乗るのだろうか。

麻生財務相・ルー財務長官
AIIB参加見送りで一致 - 麻生財務相・ルー米財務長官


 報道によれば、日米をはじめとした各国の支那離れが止まらないという。中共商務省が発表した1~3月期の対中投資の統計では、日本から支那への直接投資実行額が前年同期比12.3%減の10億6000万ドル(約1260億円)。米国から支那への投資にいたっては40.4%も減少し、東南アジア諸国連合(ASEAN)からの投資も31.2%減ったそうだ。中共当局は数字を捏造することで知られるが、その当局が発表した数字ですら、支那に対してマーケットが考えていた賞味期限が、とうに過ぎていることを示している。

 私は経済分野には門外漢だが、ことを単純に捉えれば、この現象はそんなに難しくないと思う。つまり、国内の経済発展に限界を感じた中共が、アジア諸国のインフラ事業に活路を見出そうとする動きの中で、その原資を海外諸国に負担させようとするものなのだ。そういう視点で考えれば、「バスに乗り遅れるな」という日本のメディアの論は、支那の経済発展に無条件に協力せよというものでしかない。

 典型的なのが朝日新聞である。朝日は今朝の社説で、しきりに「大局観」を持てと論じている。朝日の主張は、「旺盛な開発意欲が続くアジアのインフラ需要は膨大」であり、「既存の日米主導のアジア開発銀行(ADB)だけで賄えず、「開発支援を複線的に進めようという支那の提案には理がある」としている。同時に、国際社会が抱く、「中国外交が主導する国際ルールづくりに抱く不安感」を指摘しているが、朝日は支那の秩序づくりに国際社会が関与し、安定をはかれと主張する。様々御託を並べているが、朝日の主張の根幹は、以下の文にあるのではないかと思う。

 中国との新しい距離感を模索し、どの国も悩んでいる。かねて米国でも、世界貿易機関(WTO)に中国を迎える際、中国を国際経済秩序に取り込めば、やがて政治も変わるだろうとの議論が盛んだった。

 それが今や中国が秩序づくりに意欲を見せる時代である。日米にとっても自身の利益のために、中国とアジアの市場が死活的に大切だ。89年の天安門事件当時のように、中国を制裁で国際経済から突き放すような選択肢はありえない。


 要するに、支那が国際秩序を乱し、独自のルールで突っ走ろうとするときでさえも、支那を国際社会から孤立させるなというのだ。それが朝日が言う「大局観」なのだ。

 確かに、経済面で考えれば、支那の存在は無視できるものではない。支那への投資が冷え込む傾向にあり、賞味期限が確実に終わりに向かおうとしている今でも、仮に彼等の経済が底を打てば、今までの投資国が受ける被害は少なくない。

 ただ、朝日のような軍事忌避のメディアに欠けているのが、安全保障の観点ではないのか。一衣帯水を慮るあまり、支那の横暴な振る舞いに対し、「制裁で国際経済から突き放すような選択肢はない」、つまり、「見て見ぬふりをしろ」というなら、支那はやりたい放題、何でもできる。フィリピンやベトナムが抱える支那の軍事的脅威のみならず、日本にとっても支那の海洋に向けた膨張は、目の前にある危機だ。その状況で、「制裁を与えない寛容な姿勢」を示すことは、支那に経済・軍事両面で、フリーハンドを与えることにほかならない。

 朝日が主張する「大局観」には、軍事的要素がすっぽり抜けているのだ。「大局観」は寛容性を求める主張である。それは同時に、「支那のやることは大目に見ろ」という底意を持つ。そのような選択肢こそ、今の日本にはないのではないか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/04/19 09:36 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ