FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年04月15日

加藤前産経ソウル支局長の軟禁解除は、南鮮外交の大敗北である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 セウォル号の悪夢から1周年の日を直前に控え、南鮮当局は産経新聞加藤前ソウル支局長の軟禁状態を解いた。南鮮当局が言論の自由を縛り、反日報復措置として人質を拘留した8ヶ月。その代償は、青瓦台にとって高くつく。

産経新聞加藤前ソウル支局長


 尖閣沖支那漁船体当たり事故の直後、中共は日本企業フジタの社員をスパイとして拘留した。その結果、菅直人政権は中共に土下座するかのように、支那漁船の船長を開放。支那に戻ったこの船長が万人の歓迎を受けた映像は、菅外交の敗北を鮮明に映し出した。その手順を忠実になぞるように、青瓦台は加藤前支局長を8カ月に渡って軟禁した。今回の場合は人質交換ではなく、単に朴槿恵の名誉(もしあれば、だが)の問題である。日本から何らかの政治的妥協が引き出せるかと思ったのなら、浅はかとしか言いようがない。結果的に、南朝鮮の非文明国ぶりが国際社会に晒されただけである。

 加藤前支局長の軟禁解除を受け、主要各紙は次のように分析している。

(朝日) 冷え込んだ日韓関係をこれ以上悪化させないための対応との見方が強い。

(毎日) 国際社会で韓国における言論の自由への懸念が高まったことや、この問題が日韓関係をさらに悪化させる外交問題として韓国政府内でも政治的負担になっていたことがあるとみられる。

(読売) この問題がこれ以上こじれるのを避け、日本に関係改善へ向けたシグナルを送る狙いがあるとみられる。

(産経) これまで対日強硬外交を掲げてきた朴槿恵政権下では異例の“対日譲歩”といえる。背景には、オバマ米政権からの強い働きかけとともに、良好な日米関係を座視できない朴政権の事情があった。


 見方としては、産経と毎日が現実に近いように思う。朝日は一般論を超えておらず、論評以前の問題。読売の「関係改善へ向けたシグナル」という見方は甘すぎる。朝日と読売の解説では、何故軟禁が8カ月も継続したのか、そして何故突然軟禁が解かれたのか、理由が読み取れないのだ。

 市民団体が告訴したとはいえ、名誉棄損裁判の事実上の原告は朴槿恵である。朴自身が「加藤氏の罪は問わない」といえば、この裁判は成立しなかったはずである。ところが朴は、この事案を引き延せるだけ延ばした。恐らく、外交カードとして仕えると思ったのだろう。フジタ社員という人質を取った、中共のやり方と同じだ。

 ところが、その判断が裏目に出る。各国のジャーナリストは、南鮮当局の言論弾圧に抗議の声をあげ、日本は外務省HPと外交青書から、「自由と民主主義など基本的価値観を共有する」との表現を削除した。米国は、2月に発表した「韓米関係の現況」において、南鮮との関係を「両国は長年の友情と協力を共有している」と表現したが、日米同盟を米国の世界戦略の「礎」とする一方で、米韓同盟については、それまで使われていた「核心軸」という表現がなかった。米国の南鮮への態度は、この頃から冷淡になる。これに続いて出てきたのが、例のシャーマン発言だ。

 朴の反日路線が過ぎ、昨今の支那寄り姿勢も含め、米国からかなりの圧力があったのだと考えるのが適当ではないだろうか。南鮮外交部の報道官は、加藤氏の軟禁解除が「日韓関係とは無関係」とし、「これを外交問題化しようとすることは望ましくないという立場に変わりはない」と強調したという。今さら何を言おうと、この事案は既に大きな外交問題になっているのだ。日本政府の対応や米国からの批判を見れば明らかだ。外交問題にした張本人が関与を否定するとは、南鮮人も芝居が下手だ。

 産経に、外務省幹部が「(日韓関係が)ゼロからプラスになったわけではない。マイナスがゼロになっただけだ」と語ったと言われるが、マイナスはゼロになったわけではない。マイナスからいくらかマシになっただけで、依然としてまだマイナスなのだ。加藤氏の告訴はまだ有効なのだから、ゼロという評価も甘すぎる。

 青瓦台は恐らく、何らかの手打ちを模索するだろう。仮に加藤氏を有罪にすれば、外交面で泥沼に足を踏み入れるようなものだ。いずれにしても、南鮮外交の大敗北であることに変わりない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/04/15 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ