FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年03月28日

古賀茂明の「報ステジャック」 ~ 放送を私怨を晴らすために使ったコメンテーターの末路とは

← 応援クリック、ありがとうございます。

 普段はほとんど見ない報道ステーションだが、昨夜はたまたまチャンネルを変えた瞬間が、キャスター古館とコメンテーター古賀茂明の不穏なやり取りの真っ最中だったので、ちょっと見入ってしまった。

 古館に中東情勢に対する見解を求められた古賀が、唐突に「テレビ朝日の早河会長と、古舘プロジェクトの佐藤会長の意向で番組を降ろされることになった」「菅官房長官をはじめ、官邸からバッシングを受けてきた」と主張し、古館が「それは承服できません」と反論。それを受けた古賀が、「この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない」と言った古館との楽屋トークを暴露し、録音してあるから全部公表すると反論。二人の険悪なバトルが生放送で流れたという展開である。

古館と古賀茂明


 古賀は、このところ自身のプロフィールの一部として使用している「I am not ABE」という自作のコピー用紙を掲げ、「批判が多くても主張し続けること」をアピールした。要するに、古賀の一環した主張は、自分が抑圧される側の人間であり、その点において「被害者」であることのようだ。この「放送ジャック」というべき展開は、古賀がコメンテーターという公人でありながら、電波を私怨を晴らすために使ったという、まさに恥ずべき事案だといえるだろう。

 古賀は、今回の降板の構図をこう表現したかったらしい。つまり、政権に批判的なことを言う古賀に対し、官邸が圧力をかけ、その圧力に迎合し、また屈したテレビ局やプロダクションが、古賀を厄介払いした、と。その「自分の主張」を話す機会を、古賀は中東情勢に関するコメントという要求を無視して展開した。番組側にとっては不意打ちだったのだろう。これは完全に「放送の私物化」である。

 そもそも、政権が古賀茂明という“小者”を相手に、「あいつを降ろせ」などと番組に圧力をかけることなど、到底考えられない。そんな圧力が現実ならそれこそ権力によるメディア支配という大事件であって、政治側がそのような危ない橋を渡るはずがないのだ。もしそれが実際に行われているとしたら、反政権を売りにしているNHKの報道系番組、「サンデーモーニング」や「報ステ」など、キャスター、コメンテーターを含め、とっくに大きく様変わりしているはずだ。番組自体が無くなっているかもしれない。古賀の主張は、ある種の被害妄想とも言える。

 古賀は、自分が被害者であることを力説するが、他方、今まで公共の電波で持論を展開する機会を与えられてきた、「恵まれた人」のひとりなのだ。彼自身の主張が極端に左傾化しすぎ、さすがの報ステですら番組で使いづらくなったということではないだろうか。

 生放送中に打ち合わせにないアドリブを展開し、局の反感を買うコメンテーターに、今後も放送出演の機会が与えられるとも思えない。これだけ左傾化すれば、反保守派の政治団体から声がかかるのは秒読み段階だろう。古賀は案外、山本太郎と同じ道を進むのではないか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/03/28 10:22 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ