FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年03月20日

地下鉄サリン事件から20年。適用されなかった「反逆罪」と「破壊防止法」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 人にはそれぞれ、人生に於いて忘れられない出来事があるものだと思う。私の場合は、ガキの頃にテレビで見た三島由紀夫の割腹自殺やあさま山荘事件、少し成長してからの王さんの756号もそうだったし、最近でいえば東日本大震災は実体験として死ぬまで記憶に残る出来事だ。そんな、忘れることができない出来事のひとつが、1995年の地下鉄サリン事件である。その日3月20日、勝鬨から徒歩で銀座に向かう途中に見た、築地四丁目交差点付近の修羅場は、いまだに脳裏に焼き付いている。

 東日本大震災の場合もそうだったのだが、事件直後の印象というのは、例えそんなパニック現場を目にしても、それほど深刻なものではなかった。そもそも、テロというものが自分の身近に起こるものという感覚がないから、事の重大さが理解できないのである。事件はテロであり、無差別殺人である。これは当然許し難い行為であり、死をもっても償いきれないような蛮行である。しかし、後により戦慄をもって恐怖を感じたのは、これがオウム真理教による国家転覆の試みのひとつだったということだ。

 江藤淳は、同年8月のVOICEに寄せた「詐欺師だらけの時代」の中で、こう書いている。

 これは建国以来初めての状態だと思わなければならない。戦後初めてどころの話ではない。日本という国がほんとうに亡びるかもしれない。日本の国を亡ぼす要素が、外敵ではなく、日本国内にあるということが初めて明白になった。そのことについて国民はどう対応していいのかわからずにいるのです。
 朝になると日が昇るから明日もまた日は昇るだろう、従って日本は明日も存在するだろうと思っているだけのことで、日本の明日をあらしめているはずの国民の努力の結集点がどこにもない。そういう状態のとき、国民は悪夢以外のどんな夢をみることができるのだろうか。それが今度のオウム事件の一番大きな問題で、そのプレリュードが地震である。現に麻原某はあのころ、地震は人間が起こしたものだと言い張ったらしい。実に二千年来かつてなかったことが起こっている。

江藤淳「詐欺師だらけの時代」より(「保守とはなにか」に収録)


2478357.jpg


 オウム真理教は実際に、皇居上空にヘリを飛ばし、そのヘリからサリンを散布することで天皇陛下の暗殺を企てていたといわれる。国家機能が集中する霞が関を中心として地下鉄でサリンを撒き、国家の機能不全を企てたことと併せ、明らかなる国家転覆を意図した実力行使だ。上の江藤の文で最も重要なのは、「日本の国を亡ぼす要素が、外敵ではなく、日本国内にあるということが初めて明白になった」という認識だろう。だから、「建国以来初めての状態」なのである。

 時の政府は村山政権、国家公安委員長は野中広務である。野中はオウムへの破壊防止法の適用を進言したと言われているが(事実は定かではないが)、その適用は、野中の足元の国家公安委員会により却下申請されている。建国以来、初めて国家を転覆させようとした団体に対し、内乱罪も問えず、破壊防止法も適用できず、のさばらせた挙句、いまオウムの後継団体であるアレフは徐々に信者を増やしつつあるという。他方、あれだけ国民を愚弄してまわった上祐史浩は、たまに善人ぶってテレビに出ている。どれをとっても理不尽だ。

 昭和の安保闘争をはじめとする学生運動は、国という存在がまずあって、その国が定める方針に抗って過激化したものである。つまり、彼等は国を否定しようにも否定できなかった側面がある。オウムの場合は、もちろん前提として国は存在するのだが、彼等の企てはその国を自分たちが取って代わるというものだから、かなり次元が違うのだ。

 チュニジアに起こったテロに関し、安倍総理は「テロは断じて許されない。強く非難する」と語った。オウムに限らず、テロは徐々に身近になりつつある。オウムのときは「信者たちの人権」やら「信教の自由」などと能天気な事を言う人も多かったが、そんなボケた頭でテロが防止できるわけはない。オウムを教訓とし、あらゆるテロの脅威に備えるべきである。そして、不幸にもテロが起きてしまった場合、その首謀者には容赦ない裁きを受けさせるべきだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/03/20 07:19 ] 社会問題 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ