FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年03月18日
月別アーカイブ  [ 2015年03月 ] 

八紘一宇は批判されるべき理念ではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 少し歳が行った人なら、昔テレビで「世界は一家、人類は皆兄弟」という標語を語る笹川良一氏のことを覚えていると思う。恥ずかしながらこの「世界は一家、人類は皆兄弟」が私のオツムの中で結び付くのは、成人してからかなり経ってのこと。今にして考えても、絶妙な意訳だと思う。子供たちと一緒に「親を大切にしよう!一日一善」と声高らかに呼び掛ける笹川氏が懐かしい。

 昨日の参院予算委員会で、自民党三原じゅん子参院議員がこの「八紘一宇」という言葉を引用したことが、いまメディアを賑わせている。朝日新聞は、この発言に脊髄反射し、「八紘一宇は「世界を一つの家とする」という意味で、太平洋戦争中、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた」と異例の速さで取り上げた。南鮮の中央日報は、まるで朝日をリレーするように、「日本軍のアジア侵略を正当化するために学校などで広く使われたスローガン」と書き、「天皇制の核心思想」とまで書い加えている。

mihara-junko-150317.jpg


 では、三原氏はどのような意図で「八紘一宇」を引用したのか。J-CASTニュースが記事にしているので、そのまま引用してみる。

「八紘一宇」礼賛はヤバいのか 侵略と家族と三原発言の関係 (J-CASTニュース)

「八紘一宇とは、世界が一家族のように睦(むつ)み合うこと。一宇、すなわち一家の秩序は一番強い家長が弱い家族を搾取するのではない。一番強い者が弱い者のために働いてやる制度が家である。これは国際秩序の根本原理をお示しになったものであろう。現在までの国際秩序は弱肉強食である。強い国が弱い国を搾取する。力によって無理を通す。強い国はびこって弱い民族を虐げている。世界中で一番強い国が、弱い国、弱い民族のために働いてやる制度が出来た時、初めて世界は平和になる」


 私は帰宅してからこの記事を読んだのだが、テーマである多国籍企業の課税回避問題への引用としては少々強引ではあるものの、「なんだ、全く問題ないじゃないか」という印象を持った。

 「八紘一宇」という言葉は日本書紀に記されている神武天皇が橿原宮で即位したときの言葉を元に、大正期に日蓮宗系の宗教家、田中智學が造語したもの。第二次近衛内閣が1940年7月26日に閣議決定した基本国策要綱で、「皇国の国是は八紘を一宇とする肇国の大精神に基き世界平和の確立を招来することを以て根本とし先づ皇国を核心とし日満支の強固なる結合を根幹とする大東亜の新秩序を建設するに在り」と謳っていることで、大東亜戦争に突入する日本の象徴的ことばとして頻繁に引用され、旧日本軍やメディアがこのことばを言挙げし、国内向けプロパガンダとして使用したことは、全面的に否定することはできないと考える。

 GHQはこの八紘一宇を邪悪な軍国主義を象徴する言葉として使用禁止とし、以来、このことばは自主検閲の対象となって現在に至る。哀れ守旧メディアは、いまだに米国の敷いた言論統制のなかでしかことばを使用できないのだ。ことばを使用できないということは、そのことばが持っている本来的な意味すら解説できないということになる。

 このことばが何故あの時代に使われたのか。私の近衛内閣に対する低評価は脇へ置くとしても、あの時代は帝国主義がまかり通り、弱肉強食が世界の秩序だった時代だ。欧米列強が広げた植民地支配が世界を覆い、植民地ではない国を探すこと自体が困難な時代である。日本の大東亜共栄圏は、その列強の植民地支配に対する対抗策として示されたアンチテーゼであり、日本の国是であった八紘一宇が、その共栄を目指すための中心に据える理念に最も相応しかったからであろう。中央日報などどうでもよいが、朝日新聞のような日本のメディアは、当然、そういった背景にまでことばを巡らせるべきだろう。

 八紘一宇は、全面的に否定されるべき理念ではない。その証明が、いまだに親日で在り続ける台湾やパラオ、インドネシア、タイ、インドといった国々である。八紘一宇や大東亜共栄圏が全面否定されれば、これらの国々がいまだに親日で在り続ける理由が説明できないのだ。

 朝日新聞は、三原議員を批判する前に、いまだに米国の占領下における躾けを従順に守っている自社の実態を、改めて自己批判すべきだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/03/18 07:14 ] 史観 | TB(1) | CM(13)
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ