FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月15日

日韓スワップ協定の終了を、南鮮との関係を是正する一里塚とせよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日書いた、二階俊博の話。「日本は慰安婦問題を早く解決しろ」という朴槿恵の要求に対し、「被害者が生存している間に同問題を解決するのは当然と強調」した二階のことばは、結局のところ、時計の針を日韓基本条約締結前に戻し、日本が南鮮に対して、再度謝罪や賠償を検討すべきという結論を導くものだ。これが如何に国際的常識から逸脱するものかは、改めて言うまでもない。情が条約に優越するということになれば、国家間条約の意味など消し飛んでしまう。

二階俊博

 そんな、南鮮の国民感情に迎合し、過度に前のめりになる二階のはしごを外すように、両国間の「通貨スワップ協定」について、日本側が延長しない方針を固めたと、日本政府筋がメディアにリークした。2001年から14年間に渡り、日本は血税を南鮮支援に充ててきたのだが、それも2月23日で終了の運びとなる。世間では「金の切れ目が縁の切れ目」と言われるが、南鮮経済の行く末が危ぶまれる中で、日本政府がこの通貨融通を終了することは、「日本が南鮮を見捨てる」という宣言として、国際社会に認識されるだろう。南鮮経済の国際的信用度に与える影響は、間違いなくネガティブなものになる。

 先週10日、ギリシャに誕生したチプラス政権が、第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるギリシャ占領で被った損害の賠償を請求する方針をドイツに伝達し、国際社会の失笑を買った。自国に財政危機を抱える中、「金のあるヤツにたかれ」という常軌を逸した賠償請求がいかに非常識であるか、国際社会はその醜態を嗤った。このギリシャの態度は、財政危機に直面したギリシャに対して過度な緊縮財政を要求したドイツに対する意趣返しとも取れるが、弱者という立場を仕立て上げし、利用し、解決済みの古いイシューを持ち出してたかるという行為が、そもそも受け入れられるわけがないのである。

 このギリシャの手法を長く使い続けてきたのが南鮮である。南鮮という国は、先の大戦終了時点で存在していないので、日本から戦後補償をせしめることができない。それに代わるものが、日韓基本条約とともに日本から支給された経済援助であり、その援助とセットである条約で、その時点で二国間の問題は「完全かつ最終的に解決」された。徴用工訴訟など言わずもがなだが、創作である慰安婦問題など、議論する余地などありはしないのだ。

 二階は14日、ソウル市内で南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事と会談し、日韓関係に関し「本音の歴史認識や、あるべき姿を、(日韓両国の)文化人らを通して語り合えるのではないか」と提案し、「(日韓双方は)つまらないことで肩を張り合っている。本来は仲良くなれる関係であり、日韓が本音で語り合えばいいのではないか」と加えた。これは、南鮮に対する「不可能の要求」と言えるだろう。

 南鮮とは、このブログで何度も書いて来た通り、反日全体主義国家である。反日なら法を曲げることも可能であることが、徴用工訴訟、仏像問題などで既に明らかになっている。それ以前に親日罪という恥ずべき法律が制定されており、日本に宥和的な態度を取れば、社会から抹殺されるのが南鮮社会なのだ。南鮮は戦後、その全体主義に日に日に磨きをかけ、先鋭化を続けている。

 一方、南鮮に対する宥和的全体主義が日本を覆ってきたのも事実だろう。「日本はかつて朝鮮に悪い事をしたから、謝るのは当然」という史観を、左派と、その左派に呼応するメディアが垂れ流して来たのが戦後日本である。少し前には「韓流ブーム」とう「仕掛け」によって、その空気が促進された。しかしその全体主義は、李明博の竹島不法上陸と天皇侮辱発言で、一気に雲散霧消した。日本国民が、南鮮の「謝罪と賠償」という一連のたかりが、如何に不当なものであるかを気付いたのだ。この状況下でのスワップ延長など、国民感情が許さないことを、政権側が悟ったのだろう。

 南鮮は事あるごとに「ドイツに見習え」と日本に要求するが、皮肉なことに、ドイツはその「見習うべき姿勢」を日本に提示して見せたのだ。南鮮の要求は、逆説的に正しい。日本はドイツを見習い、南鮮との過去の関係に終止符を打ち、たかり、たかられる関係を今こそ是正すべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/15 10:26 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ