FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月14日

日韓基本条約を反故してまで日韓友好を進める二階俊博

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2007年の年末、福田康夫総理(当時)が訪中し、温家宝とキャッチボールをやって見せ、日中友好なるものを演出して見せた。ところが支那は、その福田総理を迎える直前に、歴史の捏造である「南京大虐殺記念館」なるものを拡張リニューアルオープンし、福田総理を出迎えた。福田総理は、その捏造記念館に関し、滞在中、ひと言も文句を言わなかったそうだ。

 そんなことを思い出したのは、二階俊博の南朝鮮訪問によってである。二階は南鮮を訪問したが、南朝鮮当局は挨拶代わりに、加藤産経新聞前ソウル支局長の交流延期を、“タイミング良く”下した。加藤氏の軟禁は今まで8回も延期されており、少なくとも4月15日まではこの状態が続くそうだ。かろうじて二階は、朴槿恵に対し、「自由に日本に渡航し家族と会えるようになることを望む」とする安倍総理の意向を伝えたそうだが、どうせ棒読みだっただろう。それにしても“渡航”とは、言葉の使い方を間違っていないか。

朴槿恵と二階

 二階俊博は、今回、1400名という、旅行業界や地方自治体からなる大規模な朝貢団を引き連れて訪韓したそうだ。小沢一郎の大訪中団が思い起こされる。小沢の場合がまさにそうだったが、政治家はこのような大団体を引き連れることで、自分の政治家としての力を誇示しようとする。相手方に「自分は大物だ」と見せつけたいのだろうが、地元の日本で二階が大バッシングを浴びていることも、是非とも知ってもらいたいものだ。

 二階俊博は、親中派の代表格としてよく知られた政治家である。二階が、歴代の支那共産党の親玉の中でも最も反日であった江沢民の銅像を全国に建てようとしていたことは、あまりにも有名だ。故中川昭一氏が経産大臣のとき、支那が勝手に東シナ海のガス田で試掘を行っていることに抗議し、支那が聞き入れないため「日本も試掘をする」と対抗手段に出た。ところが、二階が経産大臣になった途端、支那との「話し合い」をすると言って、試掘を撤回してしまった。二階俊博の政治家像というのは、支那、朝鮮の国益は、日本の国益に優先するという姿勢に集約されるのではないかと思う。

 二階は過去に、南鮮から二度の叙勲を受けている。一度目は、小渕内閣の運輸大臣の時に受けた「修交勲章光化章」(一等級)、二度目はちょうど2年前に受けた「金塔産業勲章」(勲一等)である。二階はこれを、「外国の産業人としての最高位の叙勲」と誇らしげに語っている。そして、叙勲を受けるために訪韓する際、「両国は一衣帯水の国であり、引越しの出来ない隣国である。両国の友好親善に力を尽すことは国会議員として当然の責務であると考えている」と綴っている

 その「国会議員としての当然の責務」には、国益という大原則が前提にあって然るべきだが、どうもこの御仁にそんな感覚があるとは想像し難い。二階は、朴槿恵から「慰安婦問題は、元慰安婦の女性たちが生きているうちに問題を解決したい。次世代に残したくない」と力説され、「被害者が生存している間に同問題を解決するのは当然と強調」(聯合ニュース)したという。「両国に渡る問題は、日韓基本条約で完全かつ最終的に解決された」というのが日本の公式見解だと記憶するが、その見解も反故にしたことになる。

 自民党の一番悪いところが出たということか。そういえば、元自民党の現東京都知事も、南鮮を訪問した際、朴の前で文字通り平伏していたことが思い出される。 二階のような政治家が自覚すべきは、南鮮が日本に求めているが「友好」ではなく、「屈服」だということだ。まぁ、そんな事を言っても聞く耳を持たないから、こういう朝貢をしているのだろうが・・・。


※ちなみに抗議先

自民党: https://ssl.jimin.jp/m/contact
二階事務所ホームページ: nikai_201212@nikai.jp


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/14 08:21 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ