FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月07日

テロ非難決議を小学生レベルの論理で拒否した山本太郎

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自分の国の政治家の言動を見て、心の底から恥ずかしいと思うことなど、そうそうあるもんじゃない。そりゃあ民主党政権の時代は恥ずかしいことばかりだったけれど、それでもその多くはドメスティックな問題が主で、国際社会が一分一秒も日本から目を離さないわけではないから、常に世界に恥を晒し続けたというのとは少し違う。心の底から恥ずかしいと思ったのは、横浜APECで胡錦濤を前にし、ひたすら身をかがめてメモを読み続けた菅直人の姿だ。菅の福島第一原発への対処も、やはり国際的な恥さらしだった。まぁ考えたら恥ずかしいことは色々あったのだが、安倍政権によって多少、中和されたようでもある。

 昨日、私は久々に、世界に対して心の底から恥ずかしいと感じた。羞恥と憤怒が入り混じった、複雑な感情を持った。その原因は、山本太郎による、IS非難決議の採決拒否である。

山本太郎
邦人人質事件非難決議を拒否する山本太郎

 この行動を「採決棄権」と呼ぶならば、それは聞こえが良すぎる。この行動は、棄権よりも「拒否」であり「反対」と呼ぶに相応しい。山本は自身のブログで「山本太郎はテロリスト?!」で、採決反対の理由として三つを挙げている。

①今回の事件の検証。イラク戦争の総括を含む。
②特定の国名の明記を避けた関係各国への謝辞。
③英訳文を同時に用意する事

 面倒くさいが、ひとつひとつ反論しよう。まず①は、検証を経なければテロリストを非難できないということである。これは非常に単純な思考で、ISの日本人2人の惨殺には理由があり、それが総理の中東訪問、カイロ演説等々に起因するというロジックに基いたものだ。つまり、IS側にも惨殺の理由があり、その責は総理にあるという論理だ。ISILのようなテロリストが生まれた背景にイラク戦争があると山本は主張するが、そんな平面的な解釈で、中東のあの複雑な宗教、民族、独裁、貧困などが説明し得ると思っているのなら、山本は小学生レベルから勉強し直すべきだ。

 次に②だが、山本は特定の国名を挙げての謝辞は避けるべきだと主張する。特定の国とはヨルダンのことだが、彼はヨルダンが有志連合の一角として、ISILに対する空爆に参加していることも問題視しており、そういう国に謝辞を述べれば、日本がテロの標的になると言っている。彼は、ヨルダン国王およびその国民が、後藤氏と自国のパイロットの生命を天秤にかけられ、どれだけ苦悩したか分かっているのか。救出に惜しみない協力をしてくれたヨルダンのような国に、謝辞を述べることもできない軽薄な国家に成り下がれというなら、日本国民として御免こうむる。

 最後に③であるが、反論する気すら起らないので割愛する。

 私は個人的に原理主義者は大嫌いだが、こと今回のテロについては、原理主義的に非難すべきだと思う。テロは議論の余地なく絶対悪であり、そこに情状酌量の余地などあり得ない。加えて、我が国は今回の件では当事国である。全世界は、首を切られた犠牲者や、火あぶりにされた犠牲者を目の当たりにしている。山本は、イラク戦争云々を語っているが、中東の国々が一様にISILを非難していることを知らないわけはないだろう。自国民を惨殺されておいて、ISILのような者たちを非難する採決に離反者が出たなら、日本は世界の笑いものだ。

 中核派に支持を受ける山本太郎は、中核派が今までに繰り返し起こして来た殺人事件で、人を殺めることに対しての感覚が麻痺しているのだろうか。山本の確信的支持者については救いようがないが、反原発だのなんだので、軽く山本に一票入れた選挙民は、猛省すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/07 08:24 ] 政治 | TB(0) | CM(26)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ