FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月04日

ISILであれ、南朝鮮であれ、配慮は相手方に付け入る隙を与えるだけだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 テロに関する国の責務を乱暴に大別すれば、発生の予防と発生時の対応しかない。とするならば、立法府の責任とは、テロ予防のための措置を講じるためと、発生してしまった時の邦人救出のための法を含めた環境整備としかないと思われる。その仕事を忘れる国会議員がいるから、困ったものである。

  • 羽田雄一郎(民主) 「生命と財産を守るのが政府の一番の責務だから一定の責任がある」
  • 松野頼久(維新) 「政治は結果責任だ。行政のトップとして2邦人を救出できなかった」
  • 小沢一郎(カマイタチ) 「イスラム国が敵対国としてテロ行為をする立場に日本は立った。首相が立ち位置を明確にしたことは、日本の将来を左右する大きな転機だった」

 我が国の立法府に、評論家は必要ない。一体この人たちは、テロリストに身代金を払う以外、何か解決の方法を思いつきでもしたのだろうか。野党議員は救出対策の当事者にはなり得ないから、情報不足なのは理解するが、尖閣の漁船体当たりの際に「責任論」を提起でもしたのか。まぁ、日曜討論に呼ばれず、NHKに「必要なし」と断じられた小沢が、プレゼンスを示すために政権批判を繰り返す姿には、一種の哀愁さえ覚えるが。

 評論家は別として、どうしても安倍総理を引きずり下ろしたい野党およびサヨク陣営は、総理のカイロおよびイスラエルの言動にこそ湯川、後藤両氏の惨殺の原因があるというストーリーをもとに、政権を追及する統一戦線を組んだようだ。共産党の小池晃は、昨日の参院予算委員会でそのストーリーを忠実になぞり、こうまくしたてた。

「最近も殺戮(さつりく)を行い批判を浴びているイスラエルと軍事協力をし、そのイスラエルの首相と肩を並べ『テロと戦う』と述べることが、中東諸国の人々にどう受け止められるのかを考慮したのか」
「拘束された日本人を危機にさらす危険性を考慮しなかったのか」


 「ISの都合も考えろよ」とでも言いたげである。ISを中東諸国と一緒くたにする手法は、支那や南朝鮮をアジアの国々と一緒くたにする手法によく似ている平面的かつ恣意的な手法だが、ISILは実際のところ、イスラエルと敵対するシリア・アサドを政敵としているため、特にイスラエルを批判しているわけではない。湯川、後藤両氏を拘束していたのはISILである。一般的な中東諸国の思惑と、今回の人質事件の帰結との間に、深い因果関係がないにもかかわらず、無理やり因果関係を作って政府を攻撃するのは姑息としか言いようがない。

 小池は、事件に先立つ演説では触れなかった2億ドルの支援を、事件が発覚してから「人道支援」と補足した安倍総理に対し、人質・身代金交渉の事案発生に配慮して付け加えたのではないか ―― つまり、事案発生前の演説に配慮がかけていたのではないかという攻め方も取っている。

 これについては、池内東大准教授が自身のブログで種明かし済みで、ISILは2億ドルの支援が武力行使および武力行使に対する支援ではなく、人道支援であることを十分に理解した上で、日本を恐喝したのだ。ISは、武力行使に対する直接的な加担であるなしに関わらず、予め拘束していた日本人2名を出して来たに過ぎない。小池は、共産党シンパの専門家の論評を聞くだけでなく、こういう客観的かつ公平なな論評を勉強してから質問したらどうなのか。

 小池晃は、ISや中東諸国に配慮しろと言う。自国のスタンスや主張を隠してでも、争いを防げというのが彼らの党是なのだろう。この姿勢は、支那な南鮮には常に配慮しろという姿勢と大差ない。海外諸国との関係を摩擦なく運ぶために、自国の主張はするなと言っているに等しい。

 そこで小池に聞いてみたいのだが、安倍総理がカイロやエルサレムでISとの対峙関係に言及しなかったとしたら、湯川・後藤両名の命は救われたのか。答えはおそらく否である。自称国家のISILにしろ、国家の体を成していない南鮮にしろ、自らの政治的主張を最も効果的に響かせるために、常にタイミングを窺っているのである。配慮は必ずしも良い結果を生むわけではないどころか、相手方の戦略に利用されるだけであり、付け入る隙を与えるだけなのだ。

 配慮至上主義では外交は不可能である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/04 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ