FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月03日

カビの生えたイデオロギーで、国と国民を守れるのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本にとってテロは対岸の火事ではないということは、ISILによる一連の極悪非道な所業によって、日本人の共通認識になったようである。テロは少なくとも、アメリカ人ジャーナリストやヨルダン国のパイロットだけでなく、身近な同胞の命を奪うのである。その危険が迫ってくることが解ったら、お経を唱えるだけでは身は守れない。備えをし、ひとたび事が起こった時にどう対処するかという課題に、日本は直面しているのである。

kenjigoto-isil.jpg

 ところが、後藤さんがISILによって殺害された2月1日(正確な日付はわからない)のその瞬間をもって、思考停止しろと訴えるメディアも存在する。2月2日の各紙の社説を注目していたのだが、ISILの蛮行を非難するという共通点は当然あるものの、それ以後の日本に求める姿勢は大きく異なる。

 読売は、「後藤氏殺害映像 「イスラム国」の蛮行を糾弾する」と、「糾弾」という強い言葉でISを批判する一方、「邦人救出の議論も要る」と、海外での邦人救出に自衛隊を活用するための法整備を議論せよと訴えた。

 産経は「残虐な犯罪集団を許すな 対テロで国際社会と連携」と題する社説を掲載したが、具体的提案に乏しい。ただ、「日本の歩むべき道は、テロと戦う国際社会とともにあることを強く再確認したい」と、毅然たる態度を貫けと、日本国政府の背中を押している。

 毎日新聞は、2日の社説だけは“毎日にしては”比較的まともだった。安倍総理の中東での発言の狙いと、邦人救出に関する検証をしろと言っているものの、テロと他の要素を絡めてイデオロギーを垂れ流すことまではしていない。

 問題は朝日と東京である。朝日は、テロという悲劇に絡め、日本の難民受け入れを主張している。

 周辺の国々にはシリア、イラクから逃げる人たちがあふれ、欧州各国も含め、難民受け入れの負担が増している。今こそ日本政府が難民に門戸を広く開くときではないか。
 ほとんどのイスラム教徒は穏健で命を大切にする人たちだ。互いをもっと知り合う。そして必要な助けの手をさしのべる。
 悲劇を乗り越え、その原則を貫きたい。(2月2日 朝日新聞)


 これは、少し発想が飛躍しすぎてはいないか。難民を絶対に受け入れるなというつもりはないが、それ以前に現地でやるべきことがあるはずだ。手を差し伸べるなら、PKOだってある。難民がシリア、イラクの周辺諸国に溢れているなら、その周辺国をサポートするのが先に来なければならない。一足飛びの「日本への難民受け入れ」には違和感を感じざるを得ない。

 東京も相変わらず酷い。

 安倍首相は「自衛隊の持てる能力を生かし、救出に対応できるようにすることは国の責任だ」と国会答弁した。邦人保護は国の役割だとしても、特殊部隊による人質奪還作戦のようなことを想定しているのなら、飛躍が過ぎる。(2月2日 東京新聞)


 これも、海外派兵=悪という、カビの生えたイデオロギーから来る発想だ。海外で命の危機に晒される邦人がいて、それを他国の善意に委ねるしかないとしたなら、いったい日本は国家と言えるのか。

 共産党の山下芳生は、「自衛隊が今回のような事件で出動すれば当事者になり、かえって危険が増すことも考えられる」と指摘し、自衛隊による邦人救出に向けた法整備については、「武力の応酬になるのは目に見えており、憲法9条で認められない」と語っている。我々国民の生命と財産が脅かされても、その時は憲法9条と運命を共にしろという主張である。この主張の極端な非現実性は、ISILがいみじくも証明したようなものなのに、だ。

 護憲論者らは、後藤さんが殺害されたことは非難するが、国防や、国民の生命財産の守り方、ひとたび拉致された場合の救出について、議論など必要がないと言っているのである。軍事が絡むと、完全に思考停止を決め込むこの姿勢こそ、テロの誘発になるのではないかとすら思う。

 カビが生えたイデオロギーは、それを主張する政党同様、国民にとって何の役にも立たないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/03 07:20 ] メディア | TB(0) | CM(9)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ