FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年02月01日

避難勧告のシリアに入った朝日新聞記者が負いきれない「自己責任」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日から書きかけていたエントリーを仕上げようとしていたら、後藤健二さんがISILによって殺害されたという訃報に触れた。後藤さんのご冥福をお祈りします。



 数行の文章で簡単に片づけてはいけない事件ではあるが、今回の非道、残忍な行いについては、すべてISILに責任がある。日本政府はよく耐えたと思う。安倍総理は記者団に対し、テロリストを強く非難すると同時に、「日本に対して強い連帯を表明し、協力していただいた世界の指導者、日本の友人たちに心から感謝したい」と語り、特にヨルダンに対しては、「アブドラ国王には惜しみない支援をいただいた。国民を代表して御礼を申し上げる」と語った。この発言は世界に発信されることになるが、私はこの発言に花マルをつけたい。メディアの視点に欠けるのは、今回の事件で日本が、ヨルダンに相当な迷惑をかけたという点だ。総理はきっちりけじめをつけたのである。

20150201-00000002-reut-000-4-view.jpg

 日本および日本人は、既にテロリストの標的として組み込まれたのである。一昨年のアルジェリア人質事件で、在外邦人が狙われるケースが発生した。その時の標的はビジネスマンで、今度はジャーナリストである。標的になった以上、日本人ひとりひとりに慎重な行動が求められるのは言うまでもない。一旦捉えられたら、いくら「自己責任」といっても、日本政府はもとより、諸外国の政府まで巻き込んでしまうのが今の人質ビジネスである。

 そんな状況で、朝日新聞のイスタンブール支局長をはじめとする複数の記者が、外務省が「退避」を勧告しているシリア国内に入ったという。外務省は、1月21日の時点で、報道各社にシリアへの渡航について「いかなる理由であっても」見合わせるよう求めている。「記者も当事者意識を持ってほしい。非常に危険で、いつ拘束されてもおかしくない」というのが外務省幹部のコメントだが、朝日の広報部は「イスタンブール支局長はシリア政府のビザを取得したうえで、取材のために入っている。記者は当初の予定・計画に従って行動・取材をしている」と回答した。お上の言いなりにはならぬとでも言いたいのか。呆れたものだ。

 朝日は26日の素粒子で、かなりスパイスの効いた政権批判を掲載した。

 1人殺害の報まで何をしたのか、しなかったか。何が秘密か秘密の政府。「テロに屈しない」の言葉だけ勇ましく。
    ☆
 植民地支配も侵略も「こまごました」歴史だということか。「全体」は受け継ぎ、言葉は受け継がぬ戦後70年談話。
    ☆
 「I AM KENJI」は誰に向けられているか。中東の疑似国家へ。極東で「積極的平和主義」を売り出す国へ。


 素粒子というコラムは、実際のところ、風刺というより自己陶酔に近く、文章には情念が込められる。その情念とは、ありったけの安倍政権批判だ。政権批判のための3行広告といっても過言ではない。植民地支配も侵略と同列に、「従軍慰安婦」を入れることは、さすがに出来なくなったのだろう。総理に「反省」を促すのと同様に、たまには自社の反省でも書いたらどうか。国民全体に迷惑をかけたのだから、反省は一時的なものであってはならないだろう。

 この記者連中がテロリストに囚われたとしても、一応は「自己責任」である。しかし、事態は既に「自己責任」のレベルを超え、囚われた者は人質ビジネスの材料として、そして中東諸国と日本の分断に利用されることになる。政治は新たな課題を負い、膨大なエネルギーを費やすことになる。また、今回の件で言えば、ヨルダンのような国との連帯にも支障をきたす火種を生む。もし、後藤さんや湯川さんと類似の事案が発生したなら、もはや「自己責任」では済まされないのだ。

 紙面で政権批判を繰り返しながら、テロリストに人質を献上し、政権に迷惑をかけるという事態が起これば、朝日新聞にとっては悪夢となるだろう。朝日記者は、シリアから即刻撤退すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/02/01 09:15 ] メディア | TB(0) | CM(11)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ