FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年01月25日

ISILの新たな要求 ~ 日本国民は心理戦で屈するな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 イスラム国に拉致・拘束された後藤健二さんらしき男性が、湯川遥菜さんは既に殺害されたとの声明を読み上げる画像がインターネットに掲載された。海外のサイトで画像を確認してみたが、非常にむごたらしい画像だ。安倍総理はこのことを受け、「このようなテロ行為は言語道断の許し難い暴挙で、強い憤りを覚える。断固非難する」と述べた。テロとの戦いは、いよいよ新たなステージに入った。

abe_statement_3175659b.jpg

 イスラム国側は、後藤さんと思しき人物に「安倍、あなたが遥菜さんを殺した」と喋らせた。同胞が殺害されたことで日本国民が心理的なパニックを起こし、この殺害の責を安倍政権の対中東外交に押し付け、政権の外交姿勢を変更するように仕向ける意図があるのだろうと思われる。日本にはこういうプロパガンダに簡単に乗る阿呆が数多存在することも事実で、極めて象徴的なサンプルがこのようなツイートだ。


 イスラム国側は、後藤さんの釈放に新たな条件を提示した。身代金の要求は取り下げ、ヨルダンにおける自爆テロの共謀罪で、ヨルダンで死刑判決を受け収監中のイラク人、サジダ・アルリシャウィ死刑囚の釈放要求だ。ところが、これは簡単はトレードではない。サジダ・アルリシャウィの釈放は、日本でいえば浅原彰晃や連合赤軍の幹部を釈放するようなものらしい。池内恵東大准教授がFacebookで、このような周辺事情を紹介している。

 ヨルダンの場合は、昨年12月24日にシリア空爆に参加して墜落して「イスラーム国」側に人質に取られたヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベ(Muadh al-Kasasbeh)中尉の救出が大問題になっており、米軍の特殊部隊による救出が試みられて断念され、最後の手段として「イスラーム国」メンバーの釈放が検討されてきました。
 「イスラーム国」の側は、最も力を入れているプロパガンダ紙『ダービク』の最新号でムアーズ中尉を大きく取り上げて、ムアーズ自らにヨルダン政府に命乞いの嘆願をさせ、ヨルダン国民の感情を高ぶらせています。「我々は皆ムアーズだ」というツイッターのハッシュタグでムアーズ釈放を要求する運動も起こっています。
 その際の最重要のカードとして浮上しかけているのがサージダ・リーシャーウィーでした。日本人人質の救出のためにサージダを釈放してほしいと要求することは、ムアーズ中尉の捕虜交換による生還の可能性をなくすものとヨルダン国民に受け止められかねないことを、日本政府・国民は深く受け止めておくべきです。


 つまり、日本がヨルダンにサージダ・リーシャーウィーの釈放を求めれば、ヨルダン国民の反感を買うということになる。仮に同人物が釈放されれば、ヨルダンは囚われたムアーズ中尉を捨てたということと、同人物の釈放によって新たなテロリストが世に放たれるということを意味する。簡単なトレードどころか、日本とヨルダンをはじめとする中東諸国の心理的反目を図る、極めて狡猾な要求である。

 イスラム国を褒める意図は全くないが、彼等は虐殺を実行する残虐性を持つだけでなく、こういった心理戦・情報戦に極めて長けていると見るべきだ。彼等の最初のビデオメッセージは安倍総理と日本国民に向けられたものだったが、こういう残虐な行為で思考バランスを失い、ただナイーブな心情だけで事を考えるのは極めて短絡的だ。

 いずれにせよ、日本政府がヨルダン国王に働きかけ、サージダ某の釈放を懇願すれば、日本は命を金で買うという批判が彼の地で起こる。岩上安身は「安倍総理の辞任」という安っぽい要求を出して見せたが、テロリストに脅されたら首相が辞任するという、安直でひ弱な日本を海外に示すようなことになる。人命は尊いが、日本にも譲れぬ一線がある。今求められるのは、イスラム国やそれに乗じるフリーライダーのプロパガンダに、心理戦で屈しないことだ。



 池内教授のエントリー「「イスラーム国」による日本人人質殺害と新たな要求について」を読めば、新たな要求が如何に難しい対応を迫るものかが理解できる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/25 09:42 ] 外交 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ