FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年01月23日

イスラム国殺害脅迫に関して言いたいふたつのこと

← 応援クリック、ありがとうございます。

 イスラム国による邦人拉致および脅迫、身代金要求事案に関し、身代金支払いの期限と見られる本日23日、午後2時50分が迫る中、メディアやネットでは熱い議論が展開されている。極めて単純だが、ここでふたつのことを指摘しておきたい。

■ イスラム国にただ乗りする人々

 イスラム学者の中田考という人物が出てきて、外国特派員協会で一節披露したようである。全文を読んだ。正直な感想を言わせてもらえば、一顧だに値しない。これは、「イスラム国の側にも事情がある」という内容で、ここ2日ばかり述べているように、テロリスト側の主張にも一理ありという主張なのである。現に中田氏は、イスラム国をほとんど批判していない。専門家は政治家ではない。彼は、結果責任を全く負わないし、負う立場にもない。意気に感じて登場したのかもしれないが、中田氏もいわゆる「イスラム国フリーライダー」の一人である。

 もうひとり、度し難いジャーナリストが存在する。21日午後の岩上安身のツイートは、既に多くの良識派によってこっぴどく批判されているが、岩上のツイートは批判されて然るべき「醜い」ものだ。
 

 日本の首相が辞職したから人質が解放されるなどと、誰が思うだろう。それこそお花畑の空想的平和主義者の発想である。テロリストの望みは金である。金の代わりに日本国首相の首を差し出したところで、何の解決にもならないことが、何故分からないのだろうか。ちなみに、「柳澤提案」の柳澤とは、元内閣官房副長官補の柳澤協二という、元防衛官僚である。一貫して安倍総理には否定的な態度を持つ人物だが、単に安倍総理に批判的な元官僚が、自分の理想を述べたにすぎない。(動画はここ。あまりにばかばかしいので貼らない)

 岩上は、「反安倍」という自分の政治的主張を述べるために、イスラム国のような外道の蛮行を利用したに過ぎない。ジャーナリストとして恥ずかしくないのか。岩上安身もイスラム国にただ乗りする、愚劣な人々のひとりと言えるだろう。


■ たかりの構造をつくってはならない/対南朝鮮外交の轍を踏むな

 単なるセンチメントで「身代金を払うべき」というのは、その発言者が想像もつかないくらい無責任な態度である。それは、日本に対するたかりの構造を作ることに他ならないからだ。

 日本は今までいくつかの拉致・脅迫・身代金要求事件を経験してきた。先のエントリーで引いたダッカ日航機ハイジャックはもちろん、ペルー日本大使館襲撃事件、フィリピン・マニラで若王子さんが誘拐された三井物産マニラ支店長誘拐事件などもあった。その時々で、世論は沸騰する。身代金を払って人質を救えという意見と、テロには屈するなという意見が真っ二つに分かれるのも同様である。(加えて言うなら、テロに屈するなという意見は、昔は少数派だったように記憶している。)

 誘拐のようなテロに屈し、金を払えば、また同種の誘拐を生む。既に多くの人が指摘していることだが、日本の場合、ダッカ事件で「あの国は金を出す」と認識された上に、対外的軍事力を持たないことで、テロリストにとっては最もリスクのない相手なのである。

 身代金を払って命を救えというのは、一見、人命を尊ぶ真っ当な意見に見える。だが、その意見は将来まで見据えたものではないどころか、その意見に沿って事を為した場合、我々日本人の将来世代の命まで脅かす要因になり得るのだ。私はこのことを非常に無責任だと思う。テロリストへの妥協という一時の同情が、将来世代に禍根を残す可能性があることを、「金を払え」と言う人たちはもっと深く考えるべきだ。

 ひとたび金を払うと、その時点から「たかりの構造」を抱え込むことになる。日本はそれを対南朝鮮外交で懲りているはずだ。彼等の「謝罪しろ」「金を出せ」という要求に、私たちの過去の政治家が安易に妥協してしまった。その妥協の結果が、今の南鮮とのたかり・たかられる関係だ。この構造も、間違いなく将来世代に禍根を残す。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/23 06:57 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ