FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年01月21日

日本国よ、テロに屈するな ~ 九条信者よ、これも対話で解決できる問題か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 イスラム国が、湯川遥菜さん、フリージャーナリストの後藤健二さんと見られる日本人二人を人質にとり、2億ドルの身代金を要求。日本が従わなければ、この2人を殺害すると予告した。動画を確認すると、2人とも瞬きはしているが、後藤さんと思しき人の頭の影が向かって右側に落ち、湯川さんと思しき人のそれは左側に落ちている。コラージュっぽさが否めないのだが、こういう場合は、動画が本物であるという最悪の想定のもとで動くべきだろう。

isil_yukawa_goto.jpg

 安倍総理の中東歴訪の中で、イスラム国対策としてイラクなどに2億ドル程度の支援を行うと表明した矢先の脅迫である。恐らく、イスラム国側は、ふたりの人質を晒すタイミングを見ていたのだろう。そういう点から考えれば、総理も政府も、今回ばかりはいささかシナリオが甘かったのではないかと思ってしまう。ただ、そうは言っても、日本に他の選択肢があったとは言い難い。テロや拉致は非難されるべき行為であり、日本のスタンスは、テロと戦う側に与する以外にない。

 安倍総理は菅官房長官に対し、「人命第一」に対処するよう指示したという。そして、訪問先のエルサレムで会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明し、イスラム国側を非難した。初動としては当然の対応である。単なる憶測だが、私は、例え湯川さん、後藤さんの命が奪われようとも、日本政府はテロリストの要求には応じないだろうと思っている。日本には消せない負の歴史があるのだ。

 言わずと知れた、ダッカ日航機ハイジャック事件である。日本赤軍が起こしたこのハイジャックで、福田赳夫総理(当時)は「人命は地球より重い」とのたまい、テロリスト側の要求を丸呑みし、獄中の日本赤軍メンバーを釈放、ついでに身代金600万ドルを支払った。日本が、テロに屈する国に成り下がった瞬間である。海外諸国からは、電化製品や車の輸出で潤う状況を引き合いに、「日本はテロまで輸出するのか」と非難されるに至る。同じ轍は絶対に踏みたくはない。これは国際社会における国家の信用問題なのだ。

 さて、各種メディアでは今日を境に、「外交の失敗」「積極的平和主義が招いたテロ」などという論調が溢れることだろう。だが、メディアがそのような論調を全面に出して政権を批判するのは、テロリスト側に何らかの正当性を持たせるということと同義だ。テロとは、前提を全く置かずに非難されるべき行為である。このような論調がメディアや有識者、コメンテーターの類から出た時、その言葉の主が政権を批判するあまり、本質を見誤っている、もしくはミスリードしているのだと、読者、視聴者は認識すべきだ。

 さてこの際、憲法9条信者は、日本の憲法典を携えて彼の地に飛び、イスラム国相手に交渉をしてみてはどうだろうか。話し合いで何でも解決できると主張してやまない人たちだから、恰好の出番である。テロリスト相手に丸腰で交渉に臨み、人質を無事に取り返してくるような離れ業ができるのは、日本では中山恭子先生ぐらいなものだ。これ以上に日本国憲法の有効性を証明できる機会はないのだから、是非ともご登板戴きたい。

 私は別に、茶化しているわけではない。今回の事案は、平和を愛する諸国民の信頼に値する公正・信義などないことの冷笑である。またこれは、軍隊を認めず、交戦権を持たない憲法が、国民の命を守ることに関して全くの無力であることを証明する、恰好の機会でもあるのだ。

 このビデオを見て欲しい。ビデオのタイトルは、「日本政府と日本国民へ」である。イスラム国の脅迫は、日本政府に対してだけでなく、我々日本国民に対しても向けられているのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/01/21 07:18 ] 外交 | TB(0) | CM(24)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ