FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年12月23日
月別アーカイブ  [ 2014年12月 ] 

天長節によせて

← 応援クリック、ありがとうございます。

 何故故に、朝日新聞の慰安婦報道の検証に携わった第三者委員会の報告を、よりにもよって天長節の前日に行わなければならないのか。私もこの報告を待っていた一人だけれど、なにもこのイシューを御目出度い日の朝刊にぶつけてくるようなタイミングのはかり方をしなくても良いではないか。ちょっと腹が立った。

 天皇陛下は今日、81歳の誕生日を迎えられた。産経新聞のウエブサイトに掲載されたご会見の全文を読むと、この1年で印象深かった出来事として、赤崎、天野、中村3博士のノーベル賞受賞を冒頭にあげられたものの、その後は広島の土砂災害、御嶽山噴火、長野県北部の地震災害、多雪地帯での雪害を詳しく取り上げられた。御心が常に国民の安穏に向けられていることが手に取るようにわかる。

 陛下は、「先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。その人々の死を無にすることがないよう、常により良い日本をつくる努力を続けることが、残された私どもに課された義務であり、後に来る時代への責任である」と語られている。既に様々な文献で示されている通り、政治家も軍もメディアも戦争一色となった大東亜戦争突入の前、そのことを最も憂慮されたのが昭和天皇だった。だが、米国をはじめとする戦勝国は、日本人を戦争に駆り立てたのが天皇と神道だと決めつけ、占領後、徹底的にその伝統文化の破壊を敢行した。

 私たちの戦後対日政策には、神道と「天皇制」は本質的に戦争を創りだすものであるという考え方が組み込まれている。(中略)
 私たちは国家神道を廃止し、神社や神官に対する国費の支出を禁じた。私たちは、日本の歴史、道徳、地理から「軍国的」神話を、「祓い清める」までは、学校で教えてはならないと命じた。私たちは、全国に若いアメリカン人チームを派遣して、学校の教室に飾られている天皇の肖像、写真、博物館などにある神道関係の遺物は見つけしだい押収させ、天皇の政治権力を否定する新憲法草案の検討を始めた。そして、ついに天皇は私たちの「指導」に従って、次のような声明を出した。

(昭和天皇の「人間宣言」)

 アメリカの新聞は、この宣言を「神格の放棄」であり、日本人固有の戦闘的性格を矯正する第一歩であるとして歓迎した。


(ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡・日本」より

 また、ヘレン・ミアーズは、「伝統の力が強ければ強いほど、国家存亡のときには、戦争計画への国民統合に利用される」とし、「私たち(米国)は民主主義とキリスト教の名のもとに戦った」とした上で、こう書いている。

 「天皇制」と神道が本来、戦争を内包しているのに対して、民主主義とキリスト教は本来、平和であると私たちは主張する。日本の学童が天皇の肖像に最敬礼をしたのは、アメリカの学童が「国旗に忠誠を誓う」のと同じ国民的儀礼だが、私たちはそれを見ようとしない。


 ミアーズのこの一文は、日本の社民党や共産党、戦後の進歩陣営、支那や朝鮮らが、こぞって日の丸と君が代、ご皇室に戦争責任を押し付けようとするのと比較すれば、遥かに的を得た分析だといえる。中共や朝鮮には歴史も伝統もないから、この感覚がない。よしんばあっても、それを理解しようとしない。

 日本を占領した聯合国、とりわけ米国人は、天皇が本当に日本人にとっての絶対神だと思っていたらしい。きわめて浅はかな解釈だが、渡部昇一先生がこの解釈を一蹴している。

 天皇が神だというのは、西洋のゴッドと同じだろうと解釈したから、GHQは天皇に人間宣言をさせたんですよ。でも、日本の神はそうじゃない。集団の一番上という意味なんです。
 体の一番上は「髪(かみ)」ですね。それに、昔の大家族で下男下女がいるところでは、奥さんが「おかみさん」ですよ。下男下女の頭で命令するのが奥さんだから、「おかみさん」。それから一族の頭は「氏神(うじがみ)」です。武蔵国の一番偉いのは「武蔵守(むさしのかみ)」だし、中央官庁では左馬寮の一番偉いのが「佐馬頭(さまのかみ)」。そして、太政大臣は「一の上(かみ)」で天皇は「御上(おかみ)」。だから、神の由来は「おかみさん」と同じなんですよ。



 ご皇室というのは、神聖にして、実は我々の身近な存在なのだと思う。何より、陛下が国民を身近な家族としてお考えになっておられるのだから。

 11月末、大相撲九州場所で優勝を飾った横綱白鵬がインタビューに答え、涙ながらにこう語った。

 「この国の魂と相撲の神様が認めてくれたお陰で、この結果があると思います」
 「明治時代の初期。大久保利通という武士と明治天皇が(相撲という)長く続いた伝統文化を守ってくれたそうです。その中で天皇陛下に感謝したいと思います」


 この涙には布石がある。2010年夏、賭博問題で日本相撲協会が天皇賜杯の表彰を辞退し、涙を流して悲しんだ白鵬に対し、「おねぎらいとお祝い」という天皇陛下の言葉の入った書簡が届けられた。出自が違えど、日本の伝統と文化のなかで生きる者にとって、陛下のお気遣いは、言葉では表わし難いほど格別なものなのだろう。

 今上陛下のお誕生日を心からお祝い申し上げます。

アメリカの鏡・日本
アメリカの鏡・日本
子々孫々に語りつぎたい日本の歴史
子々孫々に語りつぎたい日本の歴史


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/23 11:51 ] 皇室 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ