FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年12月13日

選挙戦最終日 ~ 日本の政治に「健全な保守の種子」を残そう

← 応援クリック、ありがとうございます。

 社民、共産、生活など、一顧だに値しない政党は例外としても、この選挙戦において、間違いなく最低のマニフェストを出して来たのが公明党だ。公明党はこの選挙における最重要政策に「軽減税率」を挙げた。メディアでの訴求やポスターの作り方などを見ても、この軽減税率という政策は、公明党にとっていわゆるシングルイシューと言える。

 安倍政権が踏みとどまった消費税増税は、基本的には税収を上げる対策だ。安倍政権は、消費増税ではなく経済成長で税収を上げるという政策に軸を置く。経済成長を諦めるという主張をこの選挙戦でしている民主党とは真逆の思想であり、選択肢がないと言っているノンポリにとってさえ、すみ分けは容易だ。しかし、こと公明党となると、軽減税率という、税収を下げる政策を第一に置いている。税収を下げる効果がある軽減税率は、新たな増税の引き金になる。このメカニズムを理解しないと、民衆は騙されることになるから要注意だ。

 さらに言えば、維新の主張も解らない。維新の党は、身を切る改革を謳い、議員定数の3割削減を重要課題に上げている。彼等の軸は、官僚政治の打破であったはずだが、維新が官僚側に迫るのは公務員給与の削減だけ。つまり、維新の主張に沿えば、官僚に対する議員の総体的割合が大幅に減るということになる。パワーバランスは結果的に官僚側にシフトすることになるから、この維新の政策は大いなる矛盾をはらんでいる。

 こういう消去法を使えば、投票先は自民党と次世代の党しか残らない。先のエントリーで、「公明党をぶっ潰すというのは政策ではない」という意見を戴いたが、それはその通りだ。しかし、政権のブレーキ役を自認する公明党が自民党政権にぶら下がる限り、自民党の政策、安倍政権の政策は、進むことはあっても、その進行には制御がかかる。考えてもみてほしい。公明党は衆参合わせて50名ほどの議員を擁している。これは、自民党内でいえば平成研究会(額賀派)とほぼ同等。清和政策研究会(町村派)には及ばないものの、数の力でいえば政府与党内の大派閥なのだ。この大派閥が存在する限り、憲法改正など実現できるわけがない。「公明党をぶっ潰す」のは、この大派閥の政府与党内での影響力を削ぐという目的において、極めて正しいのである。

次世代の党

 私は自分のことを「保守」と言ったことはなく、保守派とか保守的と言っている。胸を張っての「保守」なんて、そうそう簡単に言えるほど安易なものではないと思っているからだ。ただひとつ言わせてもらえれば、保守には本来、寛容さが備わっているはず(実はそこが保守の弱点でもあるのだが)と思う。その保守、保守層が、今回は選挙戦で割れ、一部から「次世代の党はカルト政党」というレッテルを張られ、今までの実績を無きもののように批判されている。選挙に勝つという目的のもと、こういう保守派の分裂は、今後の日本を考える上ではマイナスの要素しか発揮しない。

 選挙戦も残すのは本日のみ。私は「選挙区は自民、比例は次世代」というもともとの考えを実行するが、それは、誰しもに与えられている主権の行使であるから、各々の自由である。もしこのブログを読んでいただいている方々の中で、「投票には行かない」とか「行こうかどうか迷っている」と思っている方がいれば、ぜひ投票に行って戴きたいと思う。香港の学生は自由な選挙を求め、中共の迫害に遭っている。私たちにとって当たり前の「自由な選挙」は、香港にとっては手の届かないものになりつつある。有権者のひとりひとりが、我が国の「自由な投票権」に改めて恩恵を感じ、政治に参画してもらいたい。棄権や白紙は、特定の宗教団体による組織票に屈し、日本の政治の後退に手を貸すことである。

 11日のエントリー「保革に囚われるな! 保保二大政党制を我々の手で育てよう」へのコメントで戴いた、「健全な保守の種子を残そう」という趣旨に120%の賛同を以って投票し、明日の結果を待ちたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/13 11:08 ] 政治 | TB(0) | CM(18)
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ