FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年12月09日
月別アーカイブ  [ 2014年12月 ] 

9条平和原理主義を国民の投票行動で駆逐せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 暫く読んでいなかった朝日新聞の天声人語を、久しぶりに読んだ。だが、読む日が最悪だった。73年前の12月8日は真珠湾攻撃の日である。2014年のこの日に紙面に載った天声人語は、12月8日を「痛恨の日」と呼び、ひたすら過去を反省だけのものとする戦後民主主義の価値観と歴史観に覆われている。

朝日新聞 天声人語 (2014年12月8日)

▼おびただしい流血であがなった平和国家の体制(レジーム)だが、いまや風前の灯火(ともしび)といえる。特定秘密保護法は選挙の喧噪(けんそう)に紛れて、あさって施行となる。そして集団的自衛権。景気論議に埋没させてはならないテーマだと、痛恨の日に改めて思う▼あとになって「あのときが」と言われる節目が歴史にはある。最後に人を救うのはアクセルよりもブレーキのことが多い。苦い歴史の教えるところだ。(以上、抜粋)


 特定秘密保護法や集団的自衛権を放置してしまえば、日本の平和は崩れ去り、日本は過去の痛恨を再び繰り返すことになるという警鐘のつもりなのだろう。

 だが、この天声人語こそ、朝日新聞の歴史を雄弁に物語り、朝日の存在を否定するものとして記憶したい。朝日にとって、あとになって「あのときが」と思われる歴史の節目は、彼等がサンゴにKYと傷を付けた日であり、捏造慰安婦を記事にした日であり、または、慰安婦報道を訂正してさえ謝罪しなかった、今年8月のあの日である。それらはほんの一例であり、朝日新聞はこのような節目をいくつも経験し、自らの報道にブレーキを踏むことは決してなかった。自ら「苦い歴史」を幾度も経験しながら、よくもこんなコラムを臆面なく書けるものだと、面の皮の厚さに驚き、そして呆れる。

 朝日新聞が「風前の灯」と憂う平和国家の体制は、朝日流にいえば、「憲法9条に象徴される平和憲法」や「義務をおろそかに扱う権利至上主義、とりわけ人権」と定義できる。だが、それらは全てカルト化した宗教だ。憲法9条をベトナムに輸出したら、ベトナムは支那からスプラトリー諸島を守れるか。また、9条をフィリピンに輸出したら、フィリピンはパラセル諸島を守り切れるのか。答えは言うまでもないだろう。強欲な覇権国家にとって、その国の憲法など問題にする必要はない。憲法9条があれば、南朝鮮の竹島への侵略を阻止できたのか、また、北朝鮮は拉致事件を起こさなかったのか。いくつもの過去の事例があるにもかかわらず、朝日をはじめとする9条原理主義者はその事例に触れようとしない。

 反日メディアや左傾化した野党は、自民党に議席を与えてしまえば独裁国家になる、と国民を脅す。社民党や共産党ならいざしらず、維新の共同代表である江田憲司は、神戸で、「自民党に300議席以上与えたら一党独裁だ。ヒトラーの時代と同じだ」と、断末魔の演説を行った。「政権には是々非々の建設的な野党」を標榜していた維新の化けの皮が、早くもはがれ出す。

 12月8日は、果たして「痛恨の日」だったのか。ひたすら反省し、忍び寄る脅威に「9条」だけを楯に抗い、果たして国民の生命と財産、領土、領空、領海を守れるのか。政権選択の選挙とは、なにも景気回復の舵取りを任せる相手を選ぶだけのものではない。国家の在り方を長い目で見る時、平和国家を自力で構築するのか、それとも他国に安全保障を依存し、侵略に怯えながら念仏のように9条を唱え続ける国家に甘んじるのか、その方向性を選択する選挙でもあるのだ。カルト宗教の布教機関誌のような新聞や、9条こそが平和の礎と説くボケた政党、与党の多議席獲得をヒトラーの独裁になぞらえるような政党を、決して選択すべきではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/12/09 07:17 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ