私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年12月

2014年の御礼/佳い年をお迎えください

← 応援クリック、ありがとうございます。

 お陰様で、2014年も無事に大晦日を迎えることができました。1年間お付き合いをいただいたブログ読者の方々に、心から感謝申し上げます。

 この1年で書いてきたエントリーは、本日をものを含めて357本になりました。昨年書いた本数が335本でしたから、多少増えていますね。そもそも民主党政権の時代には、毎日書くこと、或は書くべき(と思う)ことに事欠くことはなく、日々の怒りや危機感がキーボードをたたく原動力になっていました。2012年末に安倍政権が誕生し、日本の政治が正しい方向に向かい始めたとき、それまでの頻度でブログを書くことはないだろうと思っていました。

 しかし、甘かったですね。政治が正しい方向に進もうと、我が国が戦後、山のように積み上げてきた諸問題は、消えることはないのです。消極的な解釈をすれば、安倍政権が誕生したことで我々が手にしたものは、民主党政権時に多くの国民を覚醒させた外国人参政権のような売国法案が、政権が続く限り日の目を見ないであろうという安心感です。積極的な解釈をすれば、先人の汚名を雪ぐ努力をする政権であり、戦後初めて憲法改正に取り組み、主権国家としての真の独立を目指す政権としての期待感といえると思います。しかし、そのような感情が本当に国民の多数派として存在しているのか。日々ブログを書いているのは、そのような考え方、とらえ方が、まだ国民の多数として存在していないと思えるからです。

 2014年8月、朝日新聞は、30年余に渡って読者・国民を騙し続けてきた自社の誤報(捏造記事)を取り消しました。これは間違いなく、今年の重大事件です。そして、その誤報(捏造)について謝罪を拒み、自社の誤報(捏造)を「女性の人権問題」にすり替えました。私にとって、このすり替えは、誤報(捏造)記事の取り消しに次ぐ重大事件です。年末になって、朝日の新社長は誤報(捏造)の取り消しをして以降、初めて謝罪しました。しかし、朝日新聞が全く反省していないことは、12月30日の社説「日韓国交50年 歴史の節目に歩み寄りを」を読めば明らかです。

 朝日は一連の記事取り消し、謝罪で、社会的信用を失ったと思われています。しかし、もし本当に朝日が真摯に反省し、出直しをしようとしているのであれば、あんな社説は書けるはずがない。つまり、朝日は自社の社論がまだ通用すると思っているし、その社論を支持する層が確実にいるのです。それらを淘汰しようなどと、身の程知らずのことは考えません。が、彼らの間違いを指摘し、もし何かのきっかけで拙ブログを読んでいただいた方が、「あぁ、こういうものの見方もあるのだ」と知っていただければよいのです。

 一介の社会人ブロガーである以上、間違いもあるでしょう。多くの励ましのお言葉をいただく一方で、こんなブログにも誹謗中傷はあります。その誹謗中傷が、一部の尊敬するコメンテーターの方にまで及んでしまったのは不徳の致すところで、大変心苦しく思います。ただ、日々綴る文章について、私が気付かない点や持てなかった視点を提供していただけることは、間違いなく私自身の財産になっています。いつもありがとうございます。

 ツイッターでリツイートしていただける方や、Facebookで引用してくださる方にも、大変感謝しています。私のモチベーションになっています。

 2015年が日本にとって良い年にすることは、政治家だけの仕事ではありません。国会議員が一般の国民の代表者である以上、主権者たる国民が声をあげてこそ、政治が動くものだと思います。このブログもいつまで続けられるかわかりませんが、続ける以上、声を上げていきます。

 今年1年、ブログを読んでいただき、ありがとうございました。佳い年をお迎えください。

ブログ主



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2014/12/31 08:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: