FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年11月21日

みんなの党と生活の党 ~ 野党再編の名を借りた保身

← 応援クリック、ありがとうございます。

 衆院選があと2週間ほどでスタートする。一強多弱と言われる今の政界を見渡すと、どの党もどの議員も、生き残りをかけて必死だ。自民党政権に殊更批判的な毎日新聞は、20日の社説で、そんな野党に発破をかけている。

 野党には新党による再編を模索する動きもある。現在の看板では不安なのかもしれないが、政策の軸があいまいな離合集散を繰り返しても有権者はうんざりしてしまう。
 安倍政権には満足しないが、野党にも受け皿としての魅力がない。こんな思いの人も少なくあるまい。選択に足る舌戦が展開されるかどうかは野党次第である。(以上、抜粋)


 いま展開されているのは、まさに「政策の軸が曖昧な離合集散」だ。その典型例が、選挙を前にして空中分解したみんなの党である。この解党劇は、党内政局だけで起こったもので、そのプロセスに政策論争など皆無だった。浅尾代表が主導した民主党への編入は、野党再編の名を借りた保身である。一時は第三局のなかで最も有望な政党とされたが、この政党には、いかんせん、「好き嫌い」という俗人的な要素が多すぎた。渡辺喜美前オーナーの失脚が、最後まで尾を引いた形となった。

 もうひとつ、「野党再編の名を借りた保身」を実践しようとしている党が、生活の党である。20日の産経新聞の報道によれば、生活の党の鈴木克昌、小宮山泰子の2名が、民主党から出馬するとのことだ。産経は一時、「小沢一郎代表以外の党所属議員が、民主党入りする方向」と報じたが、その後、記事を修正したようだ。

小沢一郎

 たまに見るブログランキングで、断末魔の様相を呈す小沢一郎のマンセーブロガーが上位を占めていることを、常々不思議に思っている。小沢応援ブログを上位にランクさせるほどの熱い支援者がいるのだろうが、その小沢も生活の党も、まったく支持が上がらない。最近は話題にもならない。日本のメディアは、政権批判が仕事だと勘違いしている節があり、政権批判には熱心だが、野党の話題はあまり取り上げない。そういう背景もあり、小沢一郎はもう過去の人となった感がある。

 生活の党に関しては、現在の党勢では、候補者を立てても全滅する可能性が高く、とても戦える状況にない。他党との協力が必要な状態だが、いくら選挙協力を模索する野党でも、「小沢と組む」ことが有権者に与える否定的印象を勘案しないわけにはいかない。小沢とて、実質的には自分を追い出した民主党に、いまさら頭を下げて入れてもらう訳にも行かないだろう。幹事長までも飲み込むという、民主党による生活の党の事実上の吸収合併も、結局、生活の党議員の保身でしかない。

 かつて、首相を凌ぐ権勢や集金力から「剛腕」と恐れられ、その後は政党を作っては壊し、「壊し屋」とも呼ばれた小沢一郎。自民党を離党して以来、政党を“作っては壊し”を繰り返し、生活の党は小沢にとって8つ目の党になる。その壊し屋も、もう店じまいの時だ。小沢一郎の終焉は、確実に秒読み段階に入った。

 一方で、みんなの党の離党組や生活の党の孤児を引き受ける民主党も、筋が通らないことをしている。鈴木克昌も小宮山泰子も、2012年、社会保障・税一体改革関連法案の採決で造反し、民主党を離党した。民主党執行部は、後に、この小沢一派を除籍処分としている。一度除籍という追い出し方をした議員を、選挙のためといって再び呼び戻すのは、なかなか奇妙な話だ。かつて第一次安倍内閣で、郵政民営化の造反議員を復党させ、内閣支持率が急降下したことがある。有権者は、筋が通らないことには敏感で、こういう離合集散には良い印象は持ち得ない筈だ。もっとも、造反によって民主党離党から国民の生活が第一に鞍替えした政治家個人を、有権者が覚えていればの話だが。

 毎日新聞が指摘する、「選択に足る舌戦」は、この総選挙では望むべくもない。いま盛んに動いている野党再編は、各党の都合と議員の保身から発生したもので、彼等は「憲法をどうするか」、「安全保障をどうするか」などの議論をした形跡が全くない。つまり、ほぼすべてが、野党再編とは名ばかりの保身なのだ。彼等は選択肢にはなり得ない。離合集散を繰り返す選挙互助会としての機能は、投票日の12月14日で終わる。そしてその翌日から、すりあわない政策や理念で、また離合集散の無限ループになるのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/21 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(20)
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ