FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年11月17日

沖縄知事選で示された民意を、国民の総意で覆せ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日の沖縄知事選で、普天間基地の辺野古移設反対派である翁長雄志氏が当選した。同日の那覇市長選でも移設反対派が勝利したことで、移設反対派は「民意が示された」と勢いづくことは必至である。この基地移設を迷走の道へと導いた犯人は2者存在する。一者は、誰あろうあのルーピーである。理由はもう説明するまでもないだろう。あとの一者は、間違いなく公明党だ。

翁長雄志
翁長雄志氏

 公明党は沖縄知事選において、移設容認論戦で支持団体を納得させられず、結局自主投票という形をとった。あの、基地反対派市長を生んだ名護市長選と同じ対応である。政権与党の一角を担う立場である限り、政府が進めようとする辺野古移設に関して、公明党は協力しなければならないはずだ。そのために閣僚の一席を有していると言ってもいい。この「政権に寄生するだけで無責を負わない」体質の政党に、果たして与党で在る資格はあるのか。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は、那覇市長選で推した候補の敗北を受け、「保守・中道路線の声が届かず残念」と語っているが、寝ぼけたことを言うのもいい加減にしてもらいたい。

 同じく自主投票で選挙をやり過ごした政党はもうひとつある。あの、民主党だ。民主党政権でルーピーの迷走を生み、基地移設問題を徹底的にこじらせた挙句、結局辺野古に回帰したはずの民主党は、今回の知事選では党是も決められず、支持者を束ねることができなかった。反省も生かされず、どっちつかずの結論しか生めない政党なのだ。

 安倍政権は早くから、菅官房長官の会見を通じ、沖縄知事選の結果にかかわらず移設作業を進めると発信してきたが、恐らく、知事選での仲井眞現知事の苦戦を見越してのことだったのだろう。名護知事選での公明党の自主投票という裏切りも、ある程度は予想していたはずである。

 安倍首相の衆議院解散に対して批判的な立場を取るメディアは、「大義なき解散」と早くもキャンペーンを始めているが、大義や争点のあるなしに関わらず、今度の総選挙は2年に渡る安倍政権への信任投票の色が濃くなる。その安倍政権が辺野古移設を方針とし、選挙に勝利するなら、それは沖縄県民の民意を凌駕する国民の意思表示となるはずである。移設反対派の沖縄県民には悪いが、日本の安全保障を七十万人弱の沖縄県民に決めてもらっては困るのだ。

 そんな意味もあって、もし安倍首相が解散を宣言するなら、全力で政権をバックアップしなければならない。それとともに、無責任な政権寄生政党である公明党には、きつい罰ゲームを与えるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/17 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ