FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年11月15日
月別アーカイブ  [ 2014年11月 ] 

「アベノミクスの失敗」主張で自滅する民主党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 どうやら安倍首相は解散を決めたようである。各社報道では日程の微妙な違いがあるにせよ、外遊から帰国して18日に記者会見を開き、来年10月に予定する消費税率の10%への再引き上げを先送りした上で、年内に衆院解散・総選挙を断行する。投開票日は12月14日とのことだ。

 消費増税に対する有権者の反発は強い。各社世論調査では、半数以上が10%への引き上げに反対するが、もともとこの増税に反対していたのは“ぶれない共産党”ぐらいである。3党合意を主導した民主党は、本来であればこの増税を推進すべき立場なのだが、そこはやはりポピュリズム政党のやることだ。増税先送りの上、争点ずらしを画策している。

 この10%への消費増税について、民主党の出方が注目されていたが、どうやら民主党も増税先送り論を現時点での党是とし、選挙の争点隠しを画策している模様だ。その上で、「アベノミクスの失敗」を争点に据え、その上で、集団的自衛権行使容認、特定秘密保護法など、安倍カラーが濃い政策についての批判を繰り広げると思われる。

minsu_zozei_sakiokuri.jpg

 ただ、消費増税の争点隠しという挙に出た民主党が、世論の支持を狙っても無駄である。何故なら、消費税以外の分野で民主党政権と安倍政権を比較した場合、どの分野においても勝敗は明らかだからだ。「アベノミクスの失敗」という叫びは、民主党の自殺行為とすら思う。

 野田首相と安倍総裁(いずれも当時)が党首討論を行い、野田首相が解散を明言したのが2012年11月14日。この日の日経平均株価は8,664.73円である。ところが、野田首相が解散を明言した日のまさに翌日から株価は上がり始め、2年後の2014年11月14日の終値は17,490.83円。株価はこの2年で2倍になった。これを「アベノミクスの失敗」というなら、民主党の主張が意味するのは「富の拒否」である。

 今年9月期の有効求人倍率は1.09倍(2年前は1.0倍)、完全失業率は3.6%(2年前は4.1%)と、いずれの数字も改善している。企業の倒産件数は794件で負債総額1338億6000万円だが、2年前の11月は938件で2495億400万円という大幅な改善。大卒就職内定率は68.4%と、4年連続で改善し、リーマンショック前の水準まで回復している。いずれの数値を取っても、経済は改善しているのである。

 私は経済分野は門外漢だが、これらの数値を見た時、「アベノミクスの失敗」という掛け声が悪質なプロパガンダであることぐらいは理解しているつもりだ。

 外交をとっても雲泥の差である。菅政権が犯した犯罪的土下座外交と安倍首相の地球儀俯瞰外交・安全保障ダイヤモンド外交は、比較するに値しない。民主党政権は、外交を破壊した。あの、小沢訪中団の「143人握手」の際の胡錦濤の笑みと、APECでの習近平の仏頂面を比較するだけでも、日本は安倍外交によって存在と地位を回復したことは明白だ。NYTの鳩山某に対するルーピーという蔑視と、力量への警戒から批判的に報じられる安倍首相も、次元がまるで違う。

 民主党が消費税という争点を隠せば隠すほど、有権者は現安倍政権と民主党の3代に渡る無能政権を純粋に比較することになる。民主党政権の悪夢のような3年の記憶は、有権者にとっていまも鮮度の高い記憶である。どう転んでも、民主党に勝ち目はない。

 もし選挙となれば、大注目は杉並区の極左候補の動向だ。今度こそ、この有害な市民運動家に引導を渡す機会とすべきである。

菅直人


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/11/15 11:34 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ