FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年10月24日

腐ったままの自民党、批判だけの野党 ~ 日本は戦時下にあることを弁えよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 改造内閣の女性閣僚ダブル辞任で打撃を受けた安倍政権が、次に送りだした宮沢洋一経済産業相にも、広島市の「SMバー」に交際費名目で政治活動費を支出していたことが判明。政治資金収支報告書によって改造内閣にケチが付いたところに、同じ政治資金収支報告書の記載内容でミスを犯したことには、安倍政権を支持する立場でも、「何を学習しているのか」と叱咤したくなる。これでは、事務所費でキャミソールを購入した荒井聡(民主党・元国家戦略担当相)と同じではないか。

 野党も野党である。このSMバー問題に関して、民主党幹事長の枝野が「国会で取り上げざるを得ないのは大変情けない」、維新国対委員長の松浪健太が「追及すべきは追及する」、江田憲司も「知らなかったでは済まない」と、一斉に批判し、政局化を明言している。最も恥ずべきは、「新しい大臣が所信表明を行うまでは審議拒否」と公言した民主党国対委員長の川端達夫だ。そして、こういう輩に塩を送るのは、守旧・反日メディアである。メディアは、民主党政権時の不祥事を、積極的に報道することが無かったが、自民党政権になったら掌を返した。このくだらない議論を「一大事だ」と煽っているのは、明らかに反日メディアである。

 一体いつまでこんなくだらない議論を引っ張るのか。国民は、うちわやSMバーの議論が聞きたくて、高い税金を払っているわけではない。過日書いた通り、国会運営には1日あたり4億円の費用がかかると言われる(諸説あるが)。国民が聞きたいのは、経済をどうするのか、安全保障はどうするのか等、目の前にある喫緊の課題に対する議論だ。うちわやSMバーの議論で億単位の税金を浪費されてはたまらない。Googleで「民主党審議拒否の歴史」と検索すると、民主党の無意味な抵抗の痕跡を、数多く確認することができる。所詮は抵抗野党だが、批判と抵抗だけに終始するなら、同じ手法を取ってきたことで絶滅種となった、旧社会党(現社民党)と同じ道を辿るだけだ。

 さて、冒頭で書いた通り、自民党も批判しなければらない。はっきり言って緩すぎる。しかし、自民党に対する最も強い批判の対象は、うちわでもなくSMバーでもない。河野洋平の国会招致に対する消極性にある。

 河野洋平の国会招致に最も意欲的に取り組んでいるのは、間違いなく、次世代の党の山田宏幹事長だ。その山田氏は、国対委員長として、河野洋平の予算委員会招致を継続的に働きかけている。昨日もこうツイートした。


 以前から指摘されている通り、河野洋平の招致を拒んでいるのは自民党である。その理由は、「犯罪でもないのに元国会議員を招致した前例はない」というもの。これは理由になっていない。前例がなければ何もできないのなら、国会議員なんて要らない。国会議員とは、国家国民のために何ができるかを考え、行動に移すために存在するのであって、その彼等が前例がないことを言い訳にしている態度といういのは、国民に対して甚だ失礼である。

 今、日本は、国際社会における情報戦を戦っている。その意味において、日本は既に戦時下にあるのだ。うちわやSMバーのことを呑気に議論している暇などあるわけがない。野党は、批判するだけしか能がないなら、議員などやめて、こぞって評論家にでもなればよい。自民党は、日本の名誉を保守する気がないなら、単なる既得権益政党と言われても反論できまい。朝日が捏造でコケ、ひと昔前は定説とされた「慰安婦強制連行」が覆ったいま、日本にとってパラダイム大転換の時期だ。それを好機ととらえず、相変わらず「何もしない事」を是とするような集団は、政権与党に相応しくない。

 政治家は政治をしろ。日本の政治家なら、日本の国益を第一に考えろ。その国益がうちわやSMバー、河野洋平招致拒否と考えるなら、最早救いようがない。早期に解散総選挙を実施し、こういう税金泥棒たちを一掃するだけだ。いまの自民党も野党も、国民を甘く見過ぎだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/24 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ