FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年10月23日

何度でも言おう、「河野洋平を国会に招致せよ!」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 菅内閣で支那大使を務めた丹羽宇一郎が、ダイヤモンド・オンラインのインタビューで好き勝手なことを言っている。手っ取り早く言えば、尖閣問題は解決しないから「凍結」せよ、靖国参拝問題は日本の総理として戦没者の霊を弔うことは許されず、個人の参拝として行えという主張だ。何様のつもりか、こんな失礼な言葉も吐いている。

 安倍さんもこれまで参拝したり、いろいろな発言をされていますけど、それが両国民にとってプラスになっているならいいですよ。ならないから、国民は困っているんだよ。そろそろいい加減にしろと言わないと。


 いち民間人が、首相に対して「いい加減にしろ」である。この丹羽は、東京都が尖閣諸島購入計画を明らかにした際、「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」とし、更に、横路孝弘と習近平(当時、副主席)との会談に同席し、横から「日本の国民感情はおかしい、日本は変わった国なんですよ」と、国家と国民をバカにした人物だ。立場は変われど、国賊っぷりは相変わらずだ。

 こういう、国益の観点から日本の立場を広く主張する地位にありながら、実際は他国や問題・課題の相手国の国益に資する発言をする者がいるから、国民は困るのだ。その筆頭が河野洋平である。

 昨日のエントリーの続きになるが、菅官房長官は一昨日、河野談話を踏襲する立場で、河野洋平の「強制連行はあった」という発言を「大きな問題」と一刀両断した。南鮮では、政治家もメディアも、この発言を一斉に批判するという“お約束”ぶりだ。

 この菅長官のロジックを、勝手に整理してみよう。

  1. 河野談話は踏襲するという立場ながら、
  2. 強制連行は明確に否定し、
  3. 河野洋平の、談話発表における記者会見での「強制連行はあった」という発言が「大きな問題」であるとし、
  4. 従って、「強制連行」という河野洋平の発言は、日本政府として認めない

というのが菅長官の立場だと考えられる。

 つまり、安倍総理、菅官房長官は、既に河野洋平を見限っていると考えられる。この状況で、考え得る次の手はひとつしかない。それは、河野洋平の国会招致である。菅官房長官の「大きな問題」発言は、現内閣は河野洋平を庇わない立場だということを明言したものだと解釈して差し支えないと思う。

 丹羽のような人物は、慰安婦問題も「凍結」背よというだろう。しかし、仮にこちらが凍結したとしても、慰安婦問題は南鮮族にとっては酸素のようなもので、それなしでは息もできないのである。雑音は今後も絶えないのだから、日本は日本としての立場を主張であり、そういう主張が国際社会における情報戦、歴史戦、世論戦を戦う武器になるのだ。

 何度でも言おう。「河野洋平を国会に招致せよ!」


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/23 07:33 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ