FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年10月22日

朝日でさえ撤回した「強制連行」にすがり続ける南鮮の「バカの壁」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍首相のブレーンのひとりである谷内国家安全保障局長が、いま、南朝鮮を訪問している。表向きな訪問理由は、日本の集団的自衛権の行使容認化と、日米防衛ガイドラインの見直しについての説明と言われている。政府高官が青瓦台を訪問すれば、南鮮高官は決まって「歴史認識」だの「慰安婦問題への誠意」などと、自国民にアピールするための要望を突きつけるが、そんな話を聞きにわざわざ日本海を超えたのではないだろう。

谷内国家安全保障局長と別所大使(聯合)
谷内国家安全保障局長と別所大使(聯合)

 両国とも首脳会談への言及はなかったとしているが、全く話題にもならなかったはずはない。11月にはAPECがあり、日中首脳会談は実現するという見方がもっぱらだ。安倍・プーチン会談も既定路線とされている。そういう場で、朴槿恵が安倍首相にそっぽを向かれると、南鮮の反日派からは拍手喝采だろうが、南鮮経済界は失望する。従って、会談のアプローチは南鮮側からあるはずである。問題は朴槿恵が、首脳会談に「まず謝罪しろ」と前提を設けるからで、そういう会談になるなら、日本側には「無視」というオプションを行使すればよい。

 南鮮全般的には、日本に謝罪と賠償を求めるという反日路線が国是だ。案の定、谷内氏と“ヅラ外相”尹炳世との会談では、尹は『旧日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」について、「日本側が談話を継承するとの立場を複数にわたり言明したが、日本内でそれに逆行する流れが続いていることを憂慮している」(以上、聯合)』と釘を刺している。谷内氏は、尹炳世との会談の前に国家安保室長の金寛鎮と会談しているが、金も「旧日本軍による慰安婦問題の被害者の解決は最も重要な核心懸案」と強調している。いつまでたっても「バカの壁」を超えられないのが朝鮮族だ。

 尹炳世や金寛鎮が「慰安婦ガー」と火病を発している最中、日本ではその南鮮の国是を全面的に無視する発言が飛び出した。発言の主は菅官房長官だ。

「強制連行」発言打ち消す=官房長官が河野氏批判-慰安婦問題 (時事通信)

 菅義偉官房長官は21日の参院内閣委員会で、1993年に河野洋平官房長官(当時)が従軍慰安婦問題に関する談話を発表した記者会見で「強制連行」を認める趣旨の発言をしたことについて、「大きな問題だ」と批判、「私どもはそこは否定し、政府として日本の名誉、信頼を回復すべく、しっかり訴えている」と述べた。共産党の山下芳生書記局長への答弁。
 河野氏は93年の談話発表時の会見で、慰安婦の強制連行があったかどうかの認識を問われ、「そういう事実があった」と発言している。安倍政権は、旧日本軍の関与を認めて謝罪した河野談話自体は継承しているが、強制連行を認めた河野氏の発言を明確に打ち消したのは初めて。韓国政府は安倍政権による談話検証も批判しており、菅長官の発言に反発を強めそうだ。


 ちなみに、最後の「反発を強めそうだ」というのは、南鮮に向けた「反発してください」というのと同義語で、反日メディアが使う常套句である。

 既に周知の事実だが、河野談話の核心部分は、慰安婦の募集に「官憲等が直接これに加担した」という表現だ。しかし、この表現は一般に「関与」と定義されるものの、「強制連行」ではない。「強制連行」が表だって表現されたのは、河野洋平が談話発表後の記者会見で、強制連行についての認識を会見で問われ、「そういう事実があったと。結構です」と述べたことに由来する。菅長官はこれを「大問題だ」と言っているのだ。

 稀代の詐欺師、吉田清治の創作した「強制連行」は、その最大の庇護者である朝日新聞によって否定された。ここで、朝日と南鮮のズレが生じる。朝日は、「慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質だ」と論点をすり替えたが、谷内氏と尹炳世の会談を伝える聯合ニュースでは、はっきりと、“旧日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」”と定義している。南鮮側としては、この「強制連行」にどうしても拘る必要があるのだ。

 何故か。答えは極めて簡単である。強制連行というパラメーターがなければ、南鮮女性が米国兵士相手に慰安サービスを行った「洋公主」との差別化ができないからだ。南鮮としては、“旧日本軍の慰安婦強制連行という悪”を絶対化しなければない。日本軍慰安婦と洋公主との相対化は、下手をすれば、対日カードの放棄に発展するからだ。

参考ブログ: ジープに乗った従軍慰安婦…洋公主30万人の進撃(東アジア黙示録さん)

洋公主
米兵と洋公主

 私は、「河野談話の見直しはしない」という現政権の方針を支持しない。だが、「見直しはしないが検証は行う」という方針が、朝日の謝罪と記事撤回という後押しを得たいま、この問題のイニシアチブを南鮮から日本側に移したと感じている。

 朴槿恵相手の首脳会談などどうでもよい。政府は、南鮮からアプローチがあっても、聞くふりをして放っておけばよろしい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/22 07:27 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ