FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年10月20日

朝日新聞社長の「言論をコントロールするのがメディアの役割」という見識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のNHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」を密かに楽しみにしていた。番組は、東京を撮影したモノクロの映像を世界から集め、それをフルカラー化することによって東京の100年の歴史を振り返ろうというものだ。東京の100年前を、復元された色彩を通して見てみたいというのが希望だったのだが、番組の内容はひと言でいうなら「反戦番組」だった。

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」
クリックで番組サイトへ

 関東大震災の場面では、ちゃっかり朝鮮人虐殺エピソードを埋め込み、戦争を一方的に負の歴史として伝え、マッカーサー以後の戦後民主主義を盲目的に肯定する内容である。NHKの反日ぶりにご興味ある方は、23日00:40からの再放送を、録画で(視聴率に貢献するのはバカらしいので)ご覧になると良いだろう。ちなみに、ツイッターでのこの番組の評判は、すこぶる良いようだ。

 そもそもメディアに期待する方がおかしいと言われればそれまでかもしれないが、番組が扱ったテーマ、素材は素晴らしいのである。それを如何に報ずるかという段になって、NHKはイデオロギーを混入するのだ。

 イデオロギー宣伝紙といえば朝日新聞だが、例の謝罪会見から1カ月以上経っても、木村井量社長は朝日以外のメディアに登場することはない。オファーには事欠かないだろうから、避けているのだろう。そんな中、日韓言論人フォーラムに出席した木村社長の言動を、聯合ニュースが報じている。何かの密約があるのか、日本のメディアはこのイベントを全く報ぜず、聯合ニュースも日本語版には掲載していない。

木村伊量

 韓日は離そうとしても離すことはできない関係の国" としながら、「両国言論が行き過ぎた国粋主義的事態をよくコントロールする役割をして長い観点で見る時友好増進につながれるように努力をしなければならない。それがジャーナリストの役割」 と強調した。 (保守速報さんより)


 これは機会的な翻訳(Excite翻訳)だから、多少の表現の違いなどは含むであろうことは前提に置く。だが、新聞社が言論をコントロールするとはどういう見識か。それがジャーナリズムの役割というなら、ジャーナリズムが国民の上に立ち、国民に情報を与えてやるという態度を明言していることになる。ちなみにこの表現はGoogle翻訳にかけても、ほぼ同じように訳される。確信的発言とみて良いだろう。

 「日本の文化は韓国の影響をたくさん受けた" としながら、「韓半島がなしで日本の文化が豊かになることができなかったと考える。そのようなメンで韓国は日本の兄格だ」と話した。
 彼は「今後も韓国と連帯関係を篤実にしていくべきだということが私たちの信条」としながら「東海、(日本が主張する東海の名前である)日本海を平和の海で作ろうという次元で朝日新聞もできることがないかを探さなければならなくて韓国言論も知恵を加えれば良いようだ」と明らかにした。 (引用元同じ)


 2チャンネラーは、この「韓国は日本の兄格だ」という言質に強く反応しているようだ。それはそれでもっともな反応である。確かに、古くは朝鮮半島との交流の中で、日本に伝えられた文化もあった。だが、こと文明のレベルで言えば、サミュエル・ハンティントンが言うように、日本は独自の文明を作り、育ててきた民族である。木村社長の卑屈な発言が、嫌悪感をもって受け入れられるのには、理由があるのだ。日本海を平和な海にという発言に至っては、ルーピー鳩山の代弁者のようでもある。

 NHKにしろ朝日新聞にしろ、報道のなかにイデオロギーを埋め込み、それを視聴者・読者の脳のなかに植えつけようとする試みを止めることはない。朝日新聞にいたっては、明確に、「言論をコントロールする」と言っている。この見識は、情報は上(メディア)から下(国民)に流れるものだという過去の仕組みにすがっていることの証左である。朝日は、32年に渡り、慰安婦問題で読者・国民をコントロールしてきた。その試みが瓦解した今も、朝日はやっぱり学習していない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/20 07:26 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ