FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年10月06日
月別アーカイブ  [ 2014年10月 ] 

「憲法9条 ノーベル平和賞」受賞を阻止せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞の夕刊は“もちろん”読まないので、電子版で知る限りだが、朝日の夕刊に「素粒子」というコラムがある。1959年以来、もう55年も連載されているというのだから、大した長寿枠だ。ちなみに、慰安婦検証報道があった8月5日の素粒子で朝日が採り上げたテーマが「児童虐待」、6日のテーマは原爆で、「「においまで覚えている」と広島の体験者。空一面の熱線で焼けた肉の臭いか、国民をだまし続けた政府の腐臭か。」とまで書くような、重度のKYコラムだ。

 4日土曜日の素粒子は、このような内容だった。

 平時も有事も切れ目なく。地球の裏も表も区別なく。どこまでもついて行きます米軍に。周辺事態の限定なくす。
    ☆
 米軍に従う実例、近隣にあり。イスラム国への空爆に豪州が加わる。国内でのテロ計画も露見。ひとごとでなし。
    ☆
 「憲法9条を持つ日本国民」が平和賞に急浮上。さあ、燕尾服(えんびふく)を用意しておかねば。解釈改憲の染みがないやつを。


 コラムが採り上げたのは、神奈川県座間市の主婦が“思いつきで始めた”とされる、「憲法9条にノーベル平和賞を」という運動である。同じく4日に、朝日新聞が、毎年受賞予測を発表している民間研究機関のウェブサイト上の予測リストが更新され、それまで「欄外」だった「憲法9条」がトップに躍り出たことを報じ、「受賞への期待が高まりそうだ」と嬉々として報じたニュースにちなんだものだ。

参考URL:
2014年4月3日 拙稿 「憲法九条にノーベル平和賞を」という有難迷惑
2014年4月12日 拙稿 ひとりの主婦のお粗末な思いつきが、日本の平和を危うくする


 この、朝日が“どこにでもいる主婦”という体で紹介した鷹巣直美という人物は、その後、ネットの告発によって、プロ市民であることが確認されている。この動きに合わせて、Change.orgでは署名活動が日、英、中、韓の四言語で展開されていて、トータルで40万筆を超えたと喜んでいるようだ。保守系ブログの中には、「支那や朝鮮まで巻き込むとは姑息!」という批判があるようだが、そもそも憲法9条が平和賞を受け、半固定化されることで利益を得るのは支那や朝鮮である。巻き込んでいるというより、署名活動の背後で彼等が力を加えていると考えた方が、しっくり来るような気もする。

 ちなみに、署名嘆願サイトの何処を見ても、運動体の所在地が記されておらず、署名の送付先は座間郵便局留めという胡散臭さ。こんな署名に賛同する人の浅はかさは軽蔑せざるを得ない。

 日本は古くから和魂洋才という秀でた才能を持つ国であったが、この米国製の憲法を押し付けられ、輸入させられて以来、この憲法には日本の魂は入ったことが無い。改憲もしくは破棄しようという魂はあったが、今までは少数派であった。

 福田恒存は、「平和を真に愛するものは、平和を享受するものであって、平和を合言葉にするものではない」と語った。また、9条については、その「意図はあくまで謝罪という消極的性格のもの」であり、「理想主義という積極的性格のものであっても、内意は謝罪という消極的性格のものと理解するほかなく、日本国民にとって致命的な不幸」とまで語った。【福田恒存 第九条(全文)

 米国が、ハーグ陸戦条約に抵触してまで(実際はその事実を検閲で隠したのだが)日本に憲法を押し付けたという“事実”は、戦後、江藤淳らの功績によって、今では広く共有されている。その根拠は、米国公文書という一次史料だ。その欺瞞性を暴くだけで、当用憲法の正当性は失われる。しかも、この平和賞嘆願が対象としているのは、「日本国民」である。私は、憲法9条がノーベル平和賞を授与されることで、その受賞者のひとりになることなど、まっぴら御免だ。

 BBさんが、ノーベル平和賞委員会宛てに利用できる英文を複数アップしてくださっているので、それを参考に、一人でも多くの方がノーベル平和賞委員会に「逆嘆願」を出されることをお願いしたい。

BBの覚醒記録: 緊急!! 九条にノーベル賞の危機 阻止しよう 《転載自由》



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/10/06 07:27 ] 史観 | TB(0) | CM(21)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ