FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年09月26日

仁川アジア大会における南鮮の無礼と、十二屋旅館が被った災難

← 応援クリック、ありがとうございます。

 スポーツ観戦が好きな私は、なんだかんだ言っても、南鮮で開かれているアジア大会を見てしまっている。日本人選手の活躍は嬉しいのだが、いかんせんホスト国が南鮮であるから、画面上で見たくもない光景を目にすることもある。例えば水泳競技の表彰式で、国旗が掲揚され、国歌が流れている時、起立もせずに談笑したり、スマホをいじっている多数の莫迦どもが画面に映る。特に、君が代が流れている時にそういう所作を目にすると、個人的には腹も立つのだけれど、反面、これが彼の国の文化レベルだと自分に言い聞かせ、割り切る気持ちすら湧いてくるから不思議だ。

 大会の開会式では、南鮮の放送局SBSが、日本と日本選手団の入場時に「周辺国と深刻な外交摩擦を起こす国」と紹介テロップを出したと、ネットで話題になっている。民度というレベルの話ではない。SBSは、南鮮ではいっぱしの上場企業である。日本国内の企業は、CSRなど、社会貢献の分野まで総合した企業価値が問われるものだが、南鮮の上場企業は、国歌の威信をかけた大スポーツイベントで、他国の悪口を平気で流せるらしい。もう論評にも値しない。

周辺国と深刻な外交摩擦を起こす国??
日本は「周辺国と深刻な外交摩擦を起こす国」??

 2002年のサッカーワールドカップの自国に対する酷評も、10年も経てば忘れてしまうようである。下の画像は、本物かフェイクかは知らないが、ネットに流れているものだ。南鮮民族は、日本にはしきりに「ドイツを見習え」というくせに、ドイツチームに対しては「ヒトラーの子孫たちは去れ!」と言い放つのだから、欧州各国にとって“TERRIBLE host”(最悪のホスト国)は本音なのかもしれない。今大会のバドミントン競技における「風問題」については、報道で知る限りだが、ワールドカップサッカーにおける数々の前科を考えれば、まんざら「単なる噂」という流し方もできなくなる。ロンドン五輪の時、英紙に「韓国のせいでロンドン五輪の輝きが失われた」と書かれた南鮮。競技に参加するだけでヒンシュクをかうのに、ホスト国など務まるはずもない。

Goodbye Japan, Perfect Host / Fuck Korea TERRIBLE Host
「さようなら、日本。完璧なホスト国/くそったれ韓国。最悪のホスト国」

 さて、今日、仕事中にチラ見していたネットで、おぞましい記事を発見した。感じたのは、アジア大会に対する呆れではなく、怒りだ。草津温泉の十二屋旅館旅館のクチコミに書かれた在日のコメントと、それに真っ向から反論する旅館側のコメントである。

投稿者: naomiさん
女性 / 30代
投稿日:2014/07/12

二度と 泊りたくない宿でした。

楽しい旅行がしたかったら, もう一回考えて予約すべき宿です。お客さんに対するおもてなしとか, サービス精神が ぜんぜんない所でした。5万円と言う高い値段で、期待して泊まったのに 、サービスとか、食事は3000円のビジネスホテルの方が良いと思うほど失望して、もう二度と、草津温泉は行きたくないです。

十二屋旅館からの返信
返信日:2014/07/27

宿泊施設の商品でもある客室を壊した上に会計もせず逃げようとした挙句警察を呼び裁判を起こす、韓国領事館に連絡するなど暴言暴挙を3時間もの間繰り返して他の宿泊客や近隣の住民にまで迷惑をかけたのは御客様です。
御自分の都合が悪くなるとハングル語で話し出し会話にならない!
どの様な事を書かれても構いませんがサービス云々の前に会計はして下さい!
『おもてなし』以前の問題だと思います。



 旅館側の書き込みから事の次第を推察するに、なりすまし日本人が通名で旅館を予約、宿泊し、まったくの主観で宿のサービスに納得せず、宿代を踏み倒して逃走を試みたが、闘争に失敗して逆ギレし、領事館に連絡を取るだの朝鮮語でまくしたてるだの、旅館と宿泊客に多大な迷惑をかけた事案であるようだ。

 実際のところ、旅館などは通名で予約される限り、その人物が日本人であると思うしかないのだ。泊めてみたら、実はなりすまし、挙句の果てに金を踏み倒そうとして大暴れでは、“商売あがったり”である。私は十二屋旅館には宿泊の経験はないけれど、他の宿泊予約サイトを見る限り、日本人にはすこぶる評判の良い旅館である。

 日本には、「通名」という奇怪な制度が存在するが、これをなくせと主張すると、一部から「差別だ」というリアクションが返ってくる。しかし、こういう事例を見る限りにおいては、通名は「差別ではなく逆差別」だという印象を持つのだ。

 必要なのは「区別」である。日本国は日本人の国なのだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/09/26 07:28 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ