FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年09月

朝生「慰安婦」討論 ~ 「メディアの問題はメディア内部で解決」は正論か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週末、朝まで生テレビが慰安婦問題をやるというので、かなり久しぶりにこの番組を観た。結果としては、「うーん、なんだかなぁ」という感じ。下村満子、早野透、山田厚史という3人の元朝日新聞編集委員が並び、その元朝日軍団を、元共同通信ソウル特派員の青木理が支えるという構図。一方、捏造糾弾派は、この慰安婦問題の研究に関しては誰もが一目置く秦郁彦氏に、元産経新聞の山際澄夫氏、元NHKの池田信夫氏、東京・中日新聞の長谷川幸洋氏、作家の吉木誉絵氏が陣取る。今回は津田大介氏は添え物のようで、ほとんど存在感はなかった。

元朝日の3バカトリオ
元朝日の3バカトリオ

 冒頭、山田厚史が過去の産経新聞の記事を持ち出し、山際氏に「お前のところだって吉田清治の話をやってたじゃないか」とやり出したのを見て、「ああ、朝日の“血”だな」と思ってしまった。8月の慰安婦検証記事で、朝日は、他の新聞が慰安婦問題をどう扱っていたかに、わざわざひと枠割いて論じた。朝日はその「他紙の報道は」で他の新聞を引き合いに出し、自分の会社の責任を相対化しようと試みたが、結果としてヒンシュクを買うだけに終わった。いまだにそんな論法で勝負しようと言うのだから、何をかいわんやだ。

 パネリストのひとりであった池田信夫氏がまとめたポイントは、下記の4点である。
  • 朝日の検証記事は、吉田清治の話が嘘だということは認めたが、「強制連行」がなかったとは明確に認めていない。しかし9月11日の記者会見で、杉浦編集担当は「強制連行はなかった」と認めた。この点について、朝日は改めて訂正し、謝罪すべきだ。

  • 1991年8月の植村記者の記事には、もとの金学順の話に含まれていない「連行された」という言葉があり、これは誤報ではなく捏造としか考えられない。ソウル支局長が大阪社会部にスクープを提供することもありえない。この点を朝日は説明すべきだ。

  • 捏造以上に罪が重いのは、隠蔽である。特に1982年の吉田証言の誤報を書いた清田記者が、1997年の特集記事のとき外報部長として、自分の誤報を握りつぶした(当時の若宮政治部長が文藝春秋で書いている)。

  • 今や問題は「強制連行があったかなかったか」ではない。それがなかったことは朝日も認めたが、国際的にはむしろ人身売買が「性奴隷」として問題になっている。この世界の誤解をどう解くかが問題だ。

 概ね主要な部分は押さえていると思う。4番目の論点には賛同しないが。

 議論で腹に落ちなかったのは、2点ある。ひとつは、池田氏が4点目に述べている、「今や問題は「強制連行があったかなかったか」ではないと言う点だ。池田氏は昨日のブログエントリーで、「性奴隷=人身売買は絶対悪だ」というのが欧米メディアの立場だから、日本を道徳的に非難することで大衆の共感を得られる以上、批判は止まないという趣旨のことを書いている。確かにこれは、現実として我々日本人が、否応なしに直面する問題だろう。

 ただ、この議論は、いわゆる「国際社会の常識」のもとに、過去に日本と日本人に着せられた汚名など、もう問題ではないと言っているように感じる。日本と日本人の名誉回復など二の次だと言われても、名誉を剥奪された根拠が事実と違うのだから、やはりその名誉を回復することは必要だと思うのだ。

 もう一点は、長谷川幸洋氏が主張し、司会の田原氏を含む概ねほとんどのパネリストが賛意を示した、「メディアの問題はメディア内で解決すべき」という筋論である。これは、「政治はメディアの領分に介入するな」という牽制だろう。さすが、第四の権力と呼ばれるメディアだけあって、既得権益への侵入は避けたいと見られる。

 私は「メディアの問題は、“まず”メディア内で解決すべき」だとは思うけれど、こと朝日の捏造によって国際的問題となった慰安婦については、そんな次元は遥かに超えていると思っている。つまり、この問題は「メディアの問題」から、「政治の問題」、「外交の問題」、「国際社会における日本のポジションの問題」に変異しているのだ。だから、朝日が国内のみで「私らが悪うございました」と言ったところで、何の解決にもならないのだ。

 朝日新聞が慰安婦に関する捏造報道を放置・隠蔽し続けたことにより、日本がいわれなき批判を受けているのだから、いくら購読者が減ろうと、広告出稿が減ろうと、朝日は「その批判に根拠なし」ということを、手持ちの不動産を売却してでも国際広報すべきなのだ。「慰安婦問題の本質を直視しよう」などと責任逃れをせず、朝日はまず、そのことに汗をかけ。

 禊とは、自分の過ちを正すためにおこなう行いを言う。過ちを正し切れていない朝日新聞にとって、使ってはいけない言葉である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/09/29 07:27 ] メディア | TB(0) | CM(16)
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ