FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年08月21日

ネット言論は圧力に屈しない! ~ 在日活動家が起こしたヘイトスピーチ訴訟

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米オレンジカウンティーのフラトンに、新たな捏造少女像建立が決定したそうだ。南鮮系が言う表向きの名称は平和記念碑だが、Orange County Registerの記事は、「第二次大戦に日本軍が朝鮮女性を性奴隷にしたことに対する・・・」と書いている。一方、支那のハルビンでは、支那と南鮮合同で、「旧日本軍による中国侵略などに関する写真の展示会」を開催したそうだ。主催した南鮮セヌリ党の金乙東議員は「8月15日は中韓両国民にとって消し難い意味があり、われわれは緊密に連携し、世界に侵略者の罪を理解させていく」と訴えたそうだ。

 朴槿恵は光復節の演説において、日本と南鮮の間に残っている過去の傷を治癒する努力が必要だと説いたそうだ。だが仮に、あくまでも仮に、日本が謝罪し、賠償でも払った場合、南鮮側が日本に友好的な国になるだろうか。答えは言うまでもない。反日は彼等のエネルギーであり、酸素である。彼等が反日を禁止されたら、多くの南鮮国民も、彼の国の国会議員も、恐らく窒息して死んでしまうのではないか。日本が多大な犠牲を払って過去の清算を求めたとしても、やはり世界の各地に捏造少女像の記念碑は建つだろうし、「日本は過去を反省しろ」というプロパガンダは止むことはない。南鮮に対する慈悲は無意味なのだ。

 私は別に在日朝鮮人に対する個人的な恨みはないけれど、彼等が「特権」を要求し、「我々を日本人と同じように扱え」と胸を張って主張されると、嫌悪感以外の感情は覚えない。「日本は日本人だけのものではない」と正々堂々と主張する人物に対しても同様だ。それを言った人物、自称フリーライターの李信恵が、在特会と保守速報の管理人さんを相手取って訴訟を起こした。

李信恵

今回の訴訟を契機にさらにインターネット上や路上でのヘイトスピーチに歯止めがかかり、さまざまな議論が深まればと思う。


 弁護士に指示されたコメントをそのまま読んでいるような、この人物にはおよそ似つかわしくない綺麗な言葉だ。拙ブログではこの人物の事を一度だけ採り上げたことがあるが、その時の記事はこういうものだった。

 李信恵という、“その手の方々”には割と知られた在日がいる。職業はライターというが、ネットにおける反日活動家という方が相応しいように思う。まぁライターと言っても、Twitterで論戦を挑んできた相手に対し「バカの相手は疲れる」と呟いたり、事実を示せと主張する相手に「ググレカス!」と暴言を吐くようなライターであるから、品格の匂いがする記事を書けるようなライターではないだろう。興味がないので、署名記事を探そうとも思わない。Twitterで頻繁に論争を展開し、見事に論破されるという経歴もあるようだ。(togetterまとめ

東大阪市の「いわゆる!従軍慰安婦検証展」を止めろという反日工作」より


 在特会の桜井氏は反訴すると言っているようだが、たまらないのは保守速報さんの方だ。在特会に対する請求に対し、個人ブロガーに対する2200万円の請求は、その額だけでも脅迫だ。ネット言論を封殺しようとする意図がミエミエだ。同じブロガーとして、この事態を非常に憂う。保守速報さんには、過去に旧しばき隊(現C.R.A.C.)のリーダーである野間易通から、脅迫ツイートが寄せられている。全く根拠はないが、今回の訴訟はこのツイートと何らかの関係性があるような気がしてならない。


 さて、李信恵のことを自称フリーライターと書いたのは、彼女がライターという職業をカバーにした活動家だからだ。前述の3月の文章を書いた際、この人物が東大阪市民会館に対し、慰安婦捏造派には誠に都合が悪い「いわゆる!従軍慰安婦検証展」開催の中止を求める請願を出していたことを書いた。従って、今回の訴訟はライターという一般的な職業の「ごく普通の人」が起こしたものではなく、活動家が起こしたものだ。メディアはその背景を書かないから、全体像が伝わらない。

 会見で李は、「女性や子供が被害を受ける」と事象を一般化しているが、これも弁護士の作戦なのだと思う。いずれにせよ、検察、弁護人らはこの訴状を受け、李の過去の行動や汚いツイートなどを洗いざらい調べるだろう。そこで、発言を受ける人物には発言を受けるそれなりの理由があることが明らかになるはずだ。捏造少女像を次々と建てたり、捏造史観で日本を非難する支那、朝鮮人と同様に、嫌われる人物には嫌われる理由が存在する。

 ネット言論は圧力に屈しない。保守速報さん、頑張れ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/08/21 07:32 ] 社会問題 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ