FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年07月25日

慰安婦“償い金”の復活? ~ 河村建夫よ、捏造史観に国民を巻き込むな!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私は常々民主党の事を「烏合の衆」と書き、批判しているが、かと言って自民党が素晴らしい政党だとは思っているわけではない。もとはと言えば、日本を棄損し続けるふたつの談話 ―― 河野談話と村山談話は、それぞれ、自民党政権下、および堕落した自民党が担いだ自社政権で生まれている。民主党は保守っぽいのから極左まで抱える議員が幅広く、屋台骨が揺らぎっぱなしであるのに比べ、自民党はまだ綱領のもとでまとまれる政党である点でマシなだけで、かろうじて政権与党たる資格を有しているだけの話である。抱える議員の幅広さは、民主党のそれとは質が違うものの、結局は似たり寄ったりである。

 そんな政党だから、党内から常に雑音が聞こえてくる。今回の雑音は、もう四半世紀近く議員をつとめ、党や内閣で要職に就いてきた、河村健夫からだ。

「償い金」再開を=慰安婦問題で自民・河村氏 (時事通信)

 【ワシントン時事】自民党の河村建夫選対委員長は23日、米ワシントンで講演し、改善の兆しが見えない日韓関係について、「まず(従軍)慰安婦問題を処理すべきだ。元慰安婦の方々にこれまでやってきた形のことができないか」と述べ、かつてアジア女性基金が行っていた「償い金」の支給を再開すべきだとの考えを示した。
 同基金は村山内閣が1995年に設立。国民の募金を原資に、首相の謝罪の手紙を添えて元慰安婦に償い金を渡してきたが、受け取りを拒否する元慰安婦も多く、基金は2007年に解散している。 
 日韓議員連盟幹事長を務める河村氏は「来年は日韓基本条約締結50年、第2次世界大戦終了70年という大きな節目。年内に日韓首脳会談ができる環境をどうつくるかにすべてを結集する」と強調。「これまでの(償い金支給の)形を取っていけば解決の糸口はある」と指摘した。(2014/07/24-08:40)


河村建夫

 この議員の米ワシントン外遊日程は21日から25日まで。自身のFacebookで、訪米の目的の一番目に「ヘリテージ財団での日韓関係基調講演」を挙げ、「限られた日程ですが、成果をださなければなりません」と書いている。ところが、この基調講演とやらは、さしあたって、成果どころか弊害を生むだけである。

 そもそも河野談話の出自に疑義が生じ、安倍政権下での検証によって、談話が日本と南鮮間の談合の産物だったことが明白になったこの段階で、慰安婦なるものの存在を盲目的に肯定し、無かった問題を解決しようというベクトルのズレかたが、議論の出発点として間違っている。河村はこの3月、日韓議員連盟の役員会で、「従軍慰安婦問題を解決して日韓首脳会談を実現させる」と宣言している。しかし、政府が検証に向けた準備に入ったと各社が報じたのは3月7日前後である。これから検証するものを事実として前提に置くことが示す意味は、河村らにとって、慰安婦なるものが「事実でなければならない」ものだということだ。

 第一、日韓首脳会談は“必ず実現しなければならないもの”だという彼等の認識自体がおかしい。会話のドアは常に開かれているという安倍首相の対韓スタンスを拒否し続けているのは、他ならぬ南鮮である。こちらから擦り寄って行く必要は全くない。基本条約50年、大東亜戦争終了70年という節目の年であったとしても同じだ。朝鮮併合100年にあたる2010年、南鮮が菅内閣に談話を要求し、朝鮮王室儀軌をたかったことからも解る通り、節目というのは彼等にとって“たかりの年”であるだけなのだ。

 外国人参政権推進派、選択的夫婦別姓制度推進派、また、二階派という付属情報を加えた素性からも察することができるが、河村は保守本流からかなり遠いところに立ち位置を置く議員だ。過去に多くの自称慰安婦が受け取りを拒否した「償い金」で、国民を巻き込むのは止めてほしい。補償によって自意識を満たしたいなら自分の蓄財から拠出すれば良いという意見もあるようだが、四半世紀に渡って支払われた彼の議員報酬は血税から出ており、間接的な血税横流しになるため、それも御免だ。ひと言、「余計な事をするな」である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/25 07:32 ] 外交 | TB(0) | CM(37)
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ