FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年07月13日

講談社(フライデー)とNHKは、根拠があるなら菅官房長官に反論してみろ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ネットでいま、3日に放送されたNHKの番組「クローズアップ現代」に関するフライデーの記事「国谷キャスターは涙した 安倍官邸がNHKを”土下座”させた一部始終」が波紋を呼んでいる。私はフライデーを買ってもいないから、記事を全て読んだわけではない。ネット記事を纏めると、NHK側の拙劣な質問に対して、番組収録後に官邸側からクレームが入り、NHKが詫びを入れ、番組キャスターの国谷裕子氏が涙したという、安っぽいドラマでも使わないような筋書きであるようだ。

国谷裕子
クロ現キャスター 国谷裕子氏

 拙ブログでは度々批判している(というか、小馬鹿にしているw)天木直人が、Yahooのコラムに「安倍官邸とNHKを倒す事になる週刊フライデーのスクープ記事」という、知性の欠片も感じさせぬバカげた記事を書いていて、それも情報拡散の一役を担っているようである。天木のような芸者級(自称)言論人らにとって、フライデーなる写真週刊誌が、いつ何時から説得力を持つ情報紙になったのかが全く分からない。普段ゴシップネタばかり扱っている週刊誌の記事を元にして、あたかもそれが動かし難い事実のように引用するのは、いささか拙劣すぎやしないだろうか。

 その涙したと言われる国谷キャスターと同年代(実際は3学年上)の元NHK、池田信夫氏が、ブログ「「クローズアップ現代」についての誤報」で、「フライデー記事には「明らかな誤りがあり、信用できない」と書いている。池田氏は、フライデーの記事で、『菅官房長官がNHK貴賓室に入り、そこに籾井会長が挨拶に出向いたことを「普段では考えられない』と書いた点について、国会議員が出演するとき貴賓室を使うのは当たり前で、NHKは幹部が出迎えること、そして官房長官なら会長があいさつしてもおかしくないことを指摘している。また、『秘書官が内容にクレームをつけ、局のお偉方も平身低頭になり、その後、籾井会長が菅さんに詫びを入れた』という内容についてもはっきりと「嘘だ」と断言する。

 そして、大衆が過剰に反応している国谷氏の涙に関しての指摘はこうだ。

さらに「放送が終わった後、国谷さんや番組スタッフは居室(控え室)に戻るのですが、この日、国谷さんは居室に戻ると人目もはばからずに涙を流したのです」というのもありえない居室と控え室は別で、居室には彼女の机があるが、大部屋なので、そんな場所で涙を流す人はいない。彼女は感情を表に出すタイプではない。


 フライデーというゴシップ専門の写真週刊誌に政治報道をする資格なしとまでは言わないけれども、この週刊誌が突然、質の高い政治記事を記載するようになるとも思えない。三流ドラマのようなストーリーは大衆受けし易いだろうし、アンチ安倍政権には良い材料なのだろうが、批判するならもう少し後追い報道を確認してからでも良さそうなものである。それくらい、アンチ安倍陣営は政権批判ネタに飢えているということも言えるのだろうが。

 このフライデー報道は、2005年の「NHK番組改変問題」と性質、構造ともに同じであるような気がする。NHK番組改変問題とは、2001年にNHKで放送された「戦争をどう裁くか/問われる戦時性暴力」で、慰安婦問題などを扱う内容が放送された際、“誤報の殿堂”朝日新聞が、一部政治家から番組に対してNHK側に圧力がかけられたと報じた事案である。その一部政治家とは、故中川昭一氏と現内閣総理大臣安倍晋三氏。両名とも政治介入・圧力を否定し、NHK自身も朝日を「虚偽報道」と徹底批判し、朝日は同業メディアからの一斉批判にさらされ、四面楚歌となった。この件で朝日は、取材が不十分であったと認めたものの、謝罪、訂正は一切行っていない。今回は朝日新聞役がフライデー(講談社)ということになる。

 記事の当事者である菅官房長官が、記事を事実無根としている以上、対極の当事者である講談社、そしてネタを提供したとされるNHKは、公式に見解を述べるべきだ。講談社は読者から金を取っている以上、責任がある。元ネタをNHKがタレこんだのだとしたら、NHKの責任も重大である。記事の信憑性(もしくは虚偽性・欺瞞性)を確認するためには、兎に角彼等が語るしかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/13 08:52 ] メディア | TB(0) | CM(14)
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ