FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年07月05日

対日歴史認識というたこつぼから抜け出せない南鮮外交

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那キンペーが国賓として南鮮を訪問し、朴槿恵は芸者ばりの接遇で対応している。朴は首脳会談で、支那に衛生面で規制されているキムチの輸出を願い出たらしいが、あの不衛生な支那に拒絶されるクオリティは、なんとも形容し難い。

 まぁ、キムチなんてどうでもよいのだけれど、両国が真面目な顔をして発した共同声明を読むと、ただ唖然とするばかりだ。首脳会談を終えて出された共同声明には、「相互信頼に基づく成熟した戦略的協力パートナー関係を構築」、「両国政府・国民間の相互理解と信頼に基づき、北東アジア地域の平和・安定、世界発展・共同繁栄に寄与していく 」という文言が入っているそうなのだが、ご都合主義も甚だしい。

習近平と朴槿恵

 日本は朝鮮を併合したが、インフラや教育に莫大な予算を投じたものの、好んで朝鮮人を殺したりはしていない。だが、支那は朝鮮戦争において、朝鮮人を、文字通り大量に殺している。日韓併合からみればついこの間に、自国民を大量に殺した国の指導者を、何の抵抗もなく国賓で受け入れ、“パートナーとして”などと定義する精神構造が理解できない。朝鮮民族の精神的支柱を成す「恨」の文化でさえ、事大主義のコントロール下にあることが良くわかる。朝鮮戦争で親族を人民解放軍に殺された遺族が、何ら声を上げない(もしくはメディアが報じない)ことも、不思議でしょうがない。

 首脳会談でキンペーは、「世界に一つの中国しかなく、台湾が中国領土の分割できない一部分である」と強調し、朴はこれを「充分に理解・尊重する。中華人民共和国政府が中国を代表する唯一の合法的政府及び一つの中国の立場を引き続き堅持し、両岸関係の平和発展を支持する」と丸呑みしたと、中華網が伝えた。台湾にとっては余計なお世話以外の何ものでもないだろう。しかもこの見解は、同盟国である米国の台湾に対する基本政策とスタンスを異にするものだ。ホワイトハウスがこの報道を苦々しく聴いたことは、想像に難くない。

 告げ口大統領は、キンペーの訪韓を前に共産党が支配するテレビに出演し、今度は外国の首脳ではなく、支那の視聴者へ告げ口を実行した。支那人民にまで媚びを売るつもりなのだろう。共同声明には対日批判を盛ることは避けたが、青瓦台に対する米国軍慰安婦訴訟がなければ、もっと滑舌がよかったに違いない。ただ、会談後に発表した共同声明の付属文書で、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題の関連資料で共同研究を進めることを明記し、ここでも支那に擦り寄った。

 南朝鮮は、支那の冊封体制に進んで組み入れられようとしているように映る。朴の足元をみたキンペーは、歴史問題における共通の価値観をダシに使いながら、南鮮を経済で縛り、属国化しようと試みる。いつか来た道だ。だが、その南鮮には在韓米軍が存在し、米韓の戦時作戦統制権はいまだ米国任せなのだ。こういう“ねじれ”が、北鮮の日本に対するアプローチという反応を引き起こしている側面もあるはずだ。さらに言えば、そんなことを許すほど、米国の影響力が落ちたということでもある。

 対日歴史認識というたこつぼから抜け出せない南鮮の政治・外交は、やはり東アジアのお荷物である。朝鮮日報によれば、朴槿恵の支持率は早くも40%まで落ち、就任後最低を記録した。首相人事問題が響いたと伝えられているが、他に政権浮揚の材料も見られず、朴が打開策として「伝家の宝刀」反日カードを出してくるのなら、それは御免こうむりたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/05 10:40 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ